消費者金融エースの口コミや審査はどんな感じ?在籍確認や利用方法を詳しく解説!

中小消費者金融のエース株式会社は、フリーローン専門で横浜に店舗があります。

店舗での申込や融資はできず、契約は郵送、融資は振込になっています。

そのため、横浜だけではなく、全国どこに住んでいても利用できるので便利です。

そこで今回は、エースの審査基準や利用方法を紹介していきます。

目次

エースとは?

エースは、フリーローンの他にも、スイッチローンというものがあります。

アルバイトやパート、派遣社員といったふうに働いていれば利用できます。

キャッシングについてまとめてみました。

実質年率7%〜20%
遅延利率20%
限度額100万円まで
審査スピード最短即日
保証人・口座開設不要
来店不要
在籍確認あり
返済方法元利均等分割返済

向いている人

  • 融資を急いでいない人
  • 他社への返済が遅れていない人
  • 5年以内に債務整理をしていない人

向いていない人

  • はじめて利用する人
  • すぐに融資してもらいたい人
  • 毎月の負担を減らしたい人
  • 利用していることを知られたくない人

エースのスイッチローンとは?

エースには、フリーローンのだけではなく、スイッチローンという商品があります。

どちらも金利や借入限度額、申し込み方法などは同じです。

違うところは、スイッチローンを利用できるのは、他社からの融資を受けている人だけということです。

スイッチローンを利用する場合は、事前に電話で相談しないといけません。

電話で相談するもきは、他社からの借入状況を伝えるといい条件で借り換えることができるだけではなく、追加融資を受けられることがあります。

ですが、借り換えローンやおまとめローンとは違います。

スイッチローンは総量規制の対象

総量規制の対象なので、年収の3分の1以上の融資は受けられません。

そのため、すでに年収の3分の1以上の融資を受けている人はスイッチローンを利用できないのです。

もともとエースの金利は20%と高いので、借り換えローンやおまとめローンには向いていません。

エースを利用する前の準備

エースを利用する前に、申し込み資格や必要な書類などを説明していきます。

申し込み資格

エースに申し込めるのは、20歳以上70歳以下で、安定した収入があり返済できる人

年収や勤続年数などの制限はなく、安定した収入があり返済できる人なら申し込めます。

申し込める人はこちらです。

  • アルバイト
  • パート
  • 自営業
  • 年金受給者
  • 学生
  • 主婦

ですが、収入のない専業主婦は申し込めません。

また、年金受給者も利用できますが、70歳になると利用できなくなります。

必要な書類

エースを契約するときには、本人確認書類と収入証明書が必要です。

本人確認書類

運転免許証やマイナンバーカードなど顔写真のあるものが必要です。

大手消費者金融や銀行カードローンなら本人確認書類は1点ですが、エースでは2点用意しないといけない場合があります。

2点用意する場合は、健康保険証と運転免許証かマイナンバーが必要です。

運転免許証を持っていない人は、住民票を取得(3ヶ月以内)して用意しましょう。

マイナンバーカードを提出する場合は、顔写真、氏名、住所が確認できれば問題ありません。

個人番号の確認は必要ありませんので、コピー後に塗りつぶしましょう。

健康保険証の提出は必要なので、未加入の人はエースを利用できません。

書類に書かれている住所と現住所が違う場合は、現住所が確認できる書類が1点必要です。

国税か地方税の領収書、納税証明書、社会保険料の領収書(発行から半年以内)、公共料金の領収書(前月または当月のもの)から1点提出してください。

外国籍の人は、外国人登録証明書も提出しましょう。

収入証明書

貸金業法により、借入金額が50万円以上の場合と借入金額と他社からの借入合計金額が100万円以上の場合は、収入証明書を提出しないといけません。

収入証明書として提出できるものは、給与明細(前月か当日)、源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)です。

この他にも、所得証明書や課税証明書が認められています。

年金受給者の場合は、年金振込通知書や年金決定通知書などが必要です。

貸金業法の条件に当てはまらない人でも、申し込み内容や審査結果によって収入証明書が必要になることがあります。

エースの利用方法

エースの利用方法をくわしく説明していきます。

STEP
エースの申し込み方法は、ネット、電話FAの3通りです。

FAXから申し込む場合は、公式ページから申込書類をダウンロードしてプリントしないといけません。

手間をかけたくない人は、ネットから申し込んだ方がいいでしょう。

ネットからなら24時間365日いつでも申し込めます。

STEP
仮審査結果は電話回答

仮審査結果は最短即日にわかります。

早く知りたい人は、平日の早い時間帯に申し込みましょう。

エースの営業時間は、平日の9時~20時まで、休前日の9時~18時までです。

土日祝は休業です。

そのため、休業日に申し込んだ場合、結果がわかるのは翌週以降になります。

電話回答のときに、手続きの流れや必要な書類など説明されます。

STEP
郵送での契約手続き

エースの契約手続きは、郵送でしかできません。

自宅に契約書類が送られてくるので、必要事項を記入したら必要書類と併せて返送しましょう。

書類に問題がなければ、契約手続きは完了です。

STEP
振込融資

契約完了後、指定口座に融資が振り込まれます。

エースの申し込みで即日に結果がわかったとしても、郵送での手続きに時間がかかってしまいます。

そのため、融資を受けられるのは、申し込んでから大体1~2週間程度でしょう。

エース契約時の注意点

エースで契約する場合は、在籍確認され郵送物が自宅に届きます。

そのため、エースを利用していることを同僚や家族に知られたくない場合は注意が必要です。

在籍確認

エースでは在籍確認がありますが、同僚に知られる可能性は低いでしょう。

在籍確認では、会社名ではなく、担当者の名前で職場に電話がかかってきます。

もし、本人がその場にいなくても、在籍していることがわかれば問題ありません。

ですが、在籍確認の電話には、できるだけ自分が対応したいですよね。

そこで、在籍確認の電話の時間指定はできるのかエースに問い合わせてみたところ、時間指定は難しいとのことでした。

自宅への郵送物

自宅に郵送振り込まれが送られてしまうので、家族に知られる可能性は高いでしょう。

エースでは、必ず契約書類が自宅に送られてしまいます。

郵送物には会社名の記載はありませんが、知られるリスクはありますね。

エースの返済

エースは振込での返済にしか対応していません。

返済日は、担当者と相談しながら決められます。

返済方式は元利均等分割返済なので、借入金額ごとに毎月の返済額が決まっています。

そのため、毎月の返済額は一定なので、計画を立てやすいでしょう。

エースは契約する金利によって毎月の最低返済額が変わるのですが、初回契約時に適用されやすい金利18%で毎月の最低返済額をまとめてみました。

借入金額返済額
5万以下6千
10万以下1万
15万以下1万3千
20万以下1万5千
25万以下1万8千
30万以下2万
35万以下2万3千
40万以下2万5千
45万以下2万6千
50万以下2万8千

エースは他の消費者金融よりも倍近い金額に設定しているようです。

わかりやすいように、アイフルの毎月の最低返済額をまとめてみました。

借入金額約定日制サイクル制
10万以下4千5千
10万以上20万以下8千9千
20万以上30万以下1万1千1万3千
30万以上40万以下1万1千1万3千
40万以上50万以下1万3千1万5千

このように、消費者金融によって設定が違いますが、ほとんどの場合はそれほど変わりません。

倍近い金額を設定しているエースはめずらしいですね。

ですが、毎月の返済できる金額が多いほど、早く完済しやすく、最終的に支払う利息を抑えられるメリットがあります。

設定されている最低返済額が高めなので、エースの審査基準は厳しそうですね。

まとめ

今回はエースの審査基準や利用方法を紹介してきましたが、ここでエースを利用するメリットやデメリットをまとめてみました。

メリット

店舗に行かなくても融資を受けられる

アルバイトやパート、学生や専業主婦でもOK

デメリット

  • 法律範囲内の1番高い金利での契約
  • 契約手続きは郵送
  • 必要な書類が多い
  • 毎月の最低返済額が高め
  • 審査基準が厳しめ

エースの公式ページにも注意書きされていますが、エース株式会社を名乗る悪質な業者がいます。

悪質な業者から、お金を騙し取られたという人がいるのでこわいですよね。

メールやFAXで利用を勧めてくる業者は、悪質な業者だと考えられるので気をつけてください。

エースは神奈川県知事から認められていて、日本貸金業協会にも参加している正規の中小消費者金融です。

エースを利用しようと思っている人は、公式ページに正しい会社情報が書かれているか確認しましょう。

商号エース株式会社
設立平成25年6月25日
代表者名金子 徳也
本店所在地神奈川県横浜市保土ヶ谷区岩間町1丁目7番地2
登録番号神奈川県知事(02)第05040
日本貸金業協会会員番号第005801号
エースの会社情報

登録番号と日本賃金業協会会員番号は必ず確認してください。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる