消費者金融アルコシステムは過去に自己破産や債務整理があっても大丈夫?即日融資や審査について徹底解説!

アルコシステムは、40年近い歴史がある消費者金融です。

店舗は兵庫にしかありませんが、どこに住んでいても利用できます。

いろいろ調べてみると、口コミには債務整理中やブラックでも借り入れられたと書かれています。

口コミの内容や公式サイトのデザインが古いということもあり、なんだか不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

中小消費者金融の口コミを見ていると、紹介料をもらう整理屋のようなことをしているところもあるようですが、アルコシステムはそういったことがありません。

信用できる中小消費者金融です。

そこで今回は、アルコシステムの貸付条件や審査について紹介していきます。

目次

アルコシステムとは?

アルコシステムでは50万円までの融資を受けられます。

契約した金額がまとめて振り込まれ、返済プラン通りに返済していきます。

融資の金額が小口なので、消費者金融を初めて利用するという人よりも、すでに他社の限度額まで借り入れしているからもう少し融資を受けたいという人やどこの審査にも通らなくて困っているという人にオススメです。

アルコシステムの会社情報をまとめてみました。

日本賃金業協会会員番号兵庫県中播磨県民センター長(13)第50158号
登録(更新)日2020年1月30日
人格法人
設立1983年(昭和58年)12月
商号・名称株式会社アルコシステム
代表者松本晃
事業内容消費者金融
郵便番号670-0903
本店兵庫県姫路市立町82日本ビジネスビル3F
電話番号0792887500
広告用電話番号0792887665
0792887500
0792887474
0120911900

\ 過去に自己破産や債務整理された方もご相談下さい /

アルコシステムは日本賃金業協会には登録していませんが、正規の業者です。

日本賃金業協会への登録は義務ではないので、気にすることはありません。

アルコシステムの申し込みはインターネットのみで、手続きや返済の問い合わせは電話のみになります。

アルコシステムの貸付条件

アルコシステムの貸付条件を表にまとめてみました。

貸付種類証書貸付
貸付利率年率:年15%〜20%
貸付限度額50万円
返済方式一括返済元利均等返済元金均等返済リボルビング返済
返済期間最長5年
返済回数1〜60回
損害額の元本に対する割合実質年率:年20%
担保・保証人不要

アルコシステムの貸付種類を見てみると証書貸付なので、限度額内でも何回も借り入れはできません。

もう少しお金を借りたいという場合は、再度申し込む必要があります。

借りたのが10万円以下だとしても実質年率の20%が適用されます。

これは高めに設定されているといえます。

大手消費者金融と比較

アルコシステムと大手消費者金融を比較してみました。

消費者金融融資スピード実質年率限度額
アルコシステム最短即日年15%〜20%50万円
プロミス最短1時間4.5%〜17.8%1〜500万円
レイクALSA最短1時間4.5%〜18%1〜500万円
アコム最短1時間3%〜18%1〜800万円
アイフル最短即日3%〜18%〜800万円
SMBCモビット最短即日3%〜18%〜800万円

他の消費者金融は大体18%なので、やはりアルコシステムの金利は少し高めですね。

ですが、利息制限法の範囲内なので問題ありません。

ですが、10万円以上の金額を借りた場合の金利は18%になるので、他の消費者金融と同じぐらいですね。

借りた金額が100万円以上なら15%になります。

アルコシステムは即日融資に対応していますが、限度額は小口で他の消費者金融からの借り換えはできません。

アルコシステムの申し込み条件

アルコシステムに申し込めるのは、20歳以上で、健康保険加入者や他の消費者金融の返済が遅れていない人です。

そのため、健康保険未加入者や何かしら返済が遅れている人は申し込めません。

審査時に信用情報を確認されるので、ウソはつかないようにしましょう。

アルコシステムは、20歳以上の収入がある人ならパートやアルバイトでも申し込めます。

ですが、自営業者、年金受給者、生活保護者の人は残念ながら申し込めません。

配偶者貸付をしているので、収入がない専業主婦でも配偶者の同意を得られれば申し込めます。

借りられる金額は、配偶者の年収の3分の1以内(他の消費者金融からの借り入れも含む)です。

必要な書類

アルコシステムで必要な書類は、健康保険証(有効期限内)と運転免許証です。

アルコシステムでは、申込時に収入証明書が必要なようなので、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書も用意しましょう。

ちなみに、収入証明書の提出が必要なのは、基本的に50万円以上の借入時です。

このことから、アルコシステムは収入に関しては厳しくチェックしている可能性があります。

アルコシステムは信頼できる正規業者

アルコシステムはブラックな人でも利用できますが、誰でも利用できるというわけではありませんし、ちゃんと審査されます。

口コミにはアルコシステムを利用すると紹介料をとられるというものもあったので不安を感じた人がいるかと思います。

ですが、実際は口コミとは違うので安心してください。

安心できるように、アルコシステムの注意書きをまとめてみました。

①アルコシステムからの融資が決まると特典がもらえるサイトがありますが、とアルコシステムは全く関係ありません。

また、紹介手数料を請求するサイトや業者とも関係ありません。

そのため、紹介されたとしても紹介手数料を払う必要はないのです。

②アルコシステムに対して不正をした場合は、警察に通報されます。

例えば、不正な方法で手に入れた銀行口座を使ったり偽造した公的書類を使ったりした場合です。

③アルコシステムは、健康保険未加入者は利用できませんが、配偶者の被扶養者は除きます。

注意書きに書かれているぐらいですから、健康保険未加入者の申し込みが多いのでしょう。

アルコシステムの気になる審査基準は?

アルコシステムの審査で重要視されるのは、申込者に収入や返済能力があるかどうかです。

アルコシステムは、貸金業法により年収の3分の1以内しか借りられません。

限度額は50万円なので、年収が150万円以上だと借りられる可能性があります。

申込時には信用情報を確認されるで気をつけましょう。

消費者金融では債務整理中のときは新規での借り入れが難しくなります。

ですが、アルコシステムなら債務整理中でも利用できる可能性があります。

なぜかというと、申し込み画面の手続きでは、債務整理の経歴や支払状況を入力する項目があるからです。

このことからアルコシステムは過去のトラブルには寛容といえます。

ですが、アルコシステムに申し込んだ時点で、他の消費者金融の返済が延滞している場合は利用できません。

アルコシステムは信用情報と申し込み情報を確認して、審査を進めていき融資の可否を決めているのでしょう。

アルコシステムは、任意整理中でも他社に返済を始めている状態ならお金を借りられる可能性があります。

この場合、最低でも3ヶ月以上返済してから申し込む方がいいでしょう。

アルコシステムの疑問解消

今回アルコシステムを調べているとわからないことがあったので、アルコシステムに電話して直接聞いてみました。

わからなかったことは、契約後に10%の保証料が必要なのかどうかです。

消費者金融の利益として認められているのは利息だけという決まりがあるので、保証料は必要ないはずと思ったのですが、電話で聞いてみました。

その結果、やはり保証料は必要ありませんでした。

必要な費用は、振込手数料だけということがわかったので安心です。

それと家に郵送物を送ってくることはあるのかも聞いておきました。

郵送物は借用書が家に送られるいうことだったので、家族にアルコシステムを利用したことが知られてしまう可能性があります。

ですが、DMは連絡すれば、送付を止めてもらえるようです。

できるだけ家族に知られるリスクを減らしたい人は連絡しておきましょう。

アルコシステムの電話担当車は、とても丁寧だったので印象がよかったです。

アルコシステムの利用方法

アルコシステムの利用方法を説明していきます。

即日融資可能なので、希望する場合は13時までに契約手続きを済ませておきましょう。

申し込みから審査結果がわかるまでには大体1時間かかるので、余裕を持って11時30分までには申し込むのがオススメです。

在籍確認が行われるかはどうかは審査次第です。

在籍確認が行われる場合は事前に知らされます。

審査に通ると指定した金融機関の口座に振り込まれます。

1時間経っても審査結果の連絡がない場合は、電話してみてください。

新規ではなく再利用の場合は、入力項目がたったの6つしかありません。

入力項目はこちらです。

  • 名前
  • 会員番号
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 融資希望金額
  • 変更事由の有無(住所や勤務先、電話番号の変更など)

入力したら、あとは送信するだけなので簡単です。

アルコシステムの返済

アルコシステムの返済についてくわしく説明していきます。

返済方法

お金を借りた翌月から返済が始まりますが、残念ながらアルコシステムは自動引き落としではありません。

そのため、返済は指定された金融機関の口座に振り込むことになります。

返済日は自分の好きな日に指定できます。

給料日は人によって違うので、自分で返済日を決められるのは助かりますね。

うっかり返済日を忘れないようにしましょう。

返済プラン

アルコシステムの返済回数は、9万9千円までは36回で10万円以上は最大60回になります。

例えば、9万9千円で36回の返済プランの場合は、毎月3,679円振り込んでいくことになります。

返済回数を増やせば毎月の返済額を減らせますが、返済回数が増えると利息も増えるので、気をつけましょう。

アルコシステムの友達紹介キャンペーン

アルコシステムは消費者金融ではめずらしい友達紹介キャンペーンをしています。

キャンペーンの概要をまとめてみました。

紹介者自営業者、年金受給者、生活保護者、無職、専業主婦を除く20歳以上の人
進呈条件友達や知り合いが新規契約して15万円以上利用した場合は、
紹介者に謝礼金として最高1万円の現金がプレゼントされます。   
※新規契約で利用金額が5万円以上15万円未満の場合、半額の5千円
適用条件・紹介者はアルコシステムを利用していること
・友達や知り合いは、自営業者、年金受給者、生活保護者、無職、専業主婦を除く20歳以上の人
・友達や知り合いが新規契約で5万円以上利用すること

紹介した友達や知り合いが新規契約して5万円以上利用すると、紹介者の金融機関口座に謝礼金が振り込まれます。

ですが、紹介した友達が契約してから10日以内に借り入れをしない場合は、謝礼金がもらえません。

この他にも、必要書類に不備があった場合や2週間以内に完済した場合も謝礼金がもらえないので気をつけましょう。

紹介された人は、申し込み画面の紹介キャンペーンを選択して画面に従い手続きしてください。

まとめ

今回はアルコシステムの貸付条件や審査について説明しましたが、いかがでしたか。

アルコシステムはどこの審査にも通らなくて困っている人を対象にしているように感じましたね。

アルコシステムでは不正な申込者が多いからか、他の消費者金融よりも必要書類が多いようです。

慎重に審査しているということでしょう。

申込条件をクリアできれば、過去に債務整理をしたことがある人でも柔軟に対応してもらえるようです。

お金を借りたいけど債務整理や自己破産の経験があるから借りにくいという人は、ぜひアルコシステムを検討してみてください。

\ 過去に自己破産や債務整理された方もご相談下さい /

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる