ビジネスローンとは一体何?メリットやデメリット、審査基準を解説!

ビジネスローン(びじねすろーん)意味、法人経営者と個人事業主が事業資金調達のためにりようできる金融商品

ビジネスローンを検討している人はたくさんいるでしょう。

しかし、

他のローンとは何が違うの?

どんなことをチェックされるの?

という疑問を抱えている人も多いはずです。

そこでこの記事では、ビジネスローンの基本事項を徹底的に紹介していきます。

目次

ビジネスローンとは一体何?

これは、その名の通り事業に必要な資金を借りるためのローンのことを指します。

具体的には、

  • 運転資金
  • 設備投資資金

などの費用を今すぐに捻出できないという場合に使うことができるのです。

対象者って誰?

このローンを使えるのは、

  • 法人
  • フリーランス

です。

とはいえ、仮に自分でビジネスを展開していたとしても、業者が定める年齢に達していない場合は審査に通りませんので注意しましょう。

メリットは?

では、そんなビジネスローンを利用するメリットとは一体何なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

年収の3分の1以上を借りられることがある

まずは年収の3分の1以上の金額を借りられるという事です。

基本的に、一般的なローンには総量規制という法律があり、

年収の3分の1までしか借りられない

というルールが存在します。

しかし、このローン形態の場合は、法人でも個人でも総量規制の対象にならず、上記の制限に関係なく融資を受けることができるのです。

スピードが速い

キャッシュを必要としている法人、個人事業主のほとんどが、

できるだけ早く資金を用意したい

と思っているでしょう。

ビジネスローンは、比較的早く審査を行ってくれるため、その時の状況に合わせて便利に活用することができるのです。

無担保、保証人なしで申し込める

特に個人事業主が一般的なローンを使うと、

担保や保証人を立ててください

と言われるケースが多いです。

なぜなら、法人と比べると信用度が落ちるからです。

しかし、ビジネスローンの場合は保証人も担保も必要ないケースが多いため、個人事業主でも必要な資金を工面できる可能性が高くなるのです。

デメリットは?

次に、ビジネスローンのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

金利が高い

このローンには、金利が高いというデメリットがあります。

例えば、日本政策金融金庫の場合は、金利が0.3%から2%前後となっていて、銀行の場合は2%前後になる事が多いです。

しかし、ビジネスローンの場合は、10%~18%前後になる事が多く、他の機関と比べると高めに設定されています。

新規借入でマイナスに働くこともある

法人の場合は、どこからどれくらいの金額を借り入れているのかを決算書に書き込む必要があります。

そのため、借入額などによっては、他の金融機関からの新規借り入れを断られてしまう可能性もあるのです。

審査基準は?

次に、ビジネスローンの審査基準について、詳しく解説していきます。

事業の状況

ビジネスローンを使うためには、ある程度事業が軌道に乗っていなければなりません。

なぜなら、

  • 事業がどれくらい続いているのか
  • 売り上げや利益はどれくらいか
  • 返済は可能なのか

という事が審査の対象になるからです。

とはいえ、仮に安定した業績を上げられていなくても、将来性があると認められた場合は融資を受けられる可能性がありますので、まずは相談してみることをおすすめします。

信用情報

ビジネスローンでは、会社や社長の情報もしっかりと確認されます。

例えば、

  • 過去に返済遅延がある
  • 税金を払っていない、滞納している
  • 借入額が多い

というような状態に陥ってしまっている場合は、審査に通らない可能性がありますので注意してください。

書類の正確性

これは基本的なことですが、書類の正確性も審査対象です。

必要な書類が全て揃っていない場合は、審査をしてもらう事すらできず、再提出を求められます。

このようなことから、書類を送付する前に不備がないかを何度も確認し、できれば第三者にも確認をしてもらうことがおすすめです。

最低限注意すべきこと

次に、ローンを活用時に最低限注意すべきことについて、詳しく解説していきます。

できるだけすぐに返す

先ほども説明しましたが、ビジネスローンは他と比べるとかなり金利が高いです。

そのため、ずるずると借り続けていると、返済金額が増えてしまうのです。

最低限の額に留めておく

決算書に借入金額を記載する時に、あまりにも高額の借り入れがあると、

なんでこんなにたくさん借金をしているんだ?

と不信感を持たれてしまう事があるのです。

このようなことから、最低限必要な金額に抑えておき、その他の資金については別の形で調達することをおすすめします。

金融機関は絞る

中には、必要金額を工面するために複数の機関から借りようとしてしまう人もいるのですが、これもできるだけ辞めましょう。

なぜなら、

資金繰りに難あり

と判断されてしまう事があるからです。

審査に落ちてしまった場合は?

先程も解説したように、場合によっては審査に通らず、融資を受けられなくなってしまう場合があります。

とはいえ、

どうしても資金が必要なんだ!

という人もいるでしょう。

そのような人は、再度申し込みをすることができます。

こう聞くと、

もし審査に通らなかったらすぐにまた申し込みをしよう

と考える人もいますが、基本的には一度審査に落ちてしまうと半年間は再申請ができないことが多いため、注意する必要してください。

まとめ

ビジネスローンを利用することで、総量規制の対象にならず、ビジネスに必要な資金をすぐに工面することができます。

そのため、今すぐに資金が必要な経営者や、運転資金を用意したいフリーランスは是非利用を検討してみると良いでしょう。

ただし、融資を受けるためには審査に通る必要がありますので、今回紹介した審査基準をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる