【2021】おすすめの消費者金融ランキング詳しくはこちら

【2021最新】おすすめのビジネスローン・事業者ローン比較口コミランキング

事業資金としてお金を借りる方法に「ビジネスローン」があります。

創業の時から法人日本政策金融公庫でお金を借りる法人が多いと思いますが、用途によってはビジネスローンの方が使い勝手が良く、たくさんの企業が利用しています。

金利や融資スピードなど日本政策金融公庫にはない魅力がたくさんありますので、これからビジネスローンを利用する上で重要なポイントを厳選して徹底比較しました。

 

ビジネスローンを提供している金融機関がたくさんありますが、おすすめの金融機関しか載せておりませんのでぜひ参考にしてみてください。

目次
キャッシング・カードローン絞り込み検索

▼借入れ希望額を選択

特徴

過去5年以内に債務整理歴

過去5年以内に債務整理歴

金融機関

過去5年以内に債務整理歴

過去5年以内に債務整理歴

該当する金融機関はありません。

created by Takoyan

ビジネスローン・事業者ローン比較

アイフルビジネスファイナンス 

アイフルビジネスファイナンスが人気の理由として、年会費及び保証料は無料となっておりビジネスシーンにおいて最も利用されている事業者ローンの一つとなります。

さらに事務手数料も無料というメリットもあります。カードローンを利用する際の借入や返済を行う際にも全国のATMが利用できるというのも人気の要因となっています。

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年3.1%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
年13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
最短即日最大1,000万円

店舗まで出向く時間がないという場合にもお申込みや融資を含めて店舗へ出向く必要性がありませんので、気軽に利用ができるという特徴が支持されている理由となります。 

プロミス「自営者カードローン」

プロミス「自営者カードローンはその名の通り、自営業者に限って利用ができるビジネスローンとなっており最大の特徴としては融資で得た資金の使い道(用途)が自由ということです。

もちろん事業を行う上での資金としても使用できますし、個人利用でも融資で得た資金を利用できるメリットがあります。

プロミス「自営者カードローン」は審査スピードも早く、審査内容によっては当日中の融資も可能という点も大きなメリットです。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年6.3%~17.8%最短即日最高300万円 

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESSの大きな特徴として「フリーランスを始めとした個人事業主」や「会社経営者」などのビジネスを支援するローンとなり、中でも支持を集めているメリットとして即日のスピード融資に対応しているという点となります。

一般的に融資を行う場合には数日の審査が必要になることが多い訳ですが、オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査時間は約1時間程度というスピード審査が大きな特徴になります。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年6.0%〜17.8% 最短即日最高500万円 

PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)ビジネスローン 

PayPay銀行ビジネスローンの特徴として、WEB完結申し込みで来店不要で担保も不要。

忙しいビジネスマンにとっては全てネットで完結できるというメリットがあり、そしてビジネスマンなら無視することができない最大のメリットとして年13.8%という金利を実現しています。

これは大手ネット銀行であるが故の最大の特徴と言えるでしょう。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年2.8%〜13.8%審査後即日10万円から500万円まで(10万円単位)

セゾンファンデックス事業者向け不動産担保ローン

セゾンファンデックス法人向け不動産担保ローンは個人事業主や会社経営者などが利用することができる不動産担保ローンとなり、最大の特徴として25年間という長期間の返済期間が設けられています。

月のコストを最小限に抑えながら返済が可能になるという特徴があり、担保余力をメインとしているため、これまで銀行などで「断られた」という難しい状況でも対応してくれる可能性があります。 

銀行以外でお探しなら迷わすセゾンファンデックス

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年2.6%〜9.9% 1週間前後100万円〜3億円未満

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」 

東京スター銀行が提供するビジネスローンとして「スタービジネスカードローン」があり、申し込みの対象者となるのは個人事業主や会社経営者などのビジネスマンが利用できるローンとなります。

保証人不要や無担保で事業資金のを得たいというケースには最適となるローン設定で、利用限度額として500万円が融資額の最大となります。

東京に本社がある銀行ですが、申し込みから契約をするまで、すべて来店不要で行えますので、地方であっても申し込みができるというメリットがある商品となっています。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年6.5%~14.5%1〜2週間程度最大500万円

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の一番の特徴として、契約後に利息を除いた事務手数料等の返済における手数料が必要ないということです。

スモールビジネスローンを契約するには、郵送で全ての手続きを完了させることができますので全国から申し込みが可能となっています。

ネットの契約者専用マイページから利用状況の確認が24時間いつでも可能となっていますし、資金使徒自由ですので事業資金の範囲内で自由に利用できるというメリットもあります。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年9.98%〜18.0%5日~1週間最大500万円

アクト・ウィル「ビジネスローン」 

アクト・ウィル「ビジネスローン」はまとまった資金を必要としている中小企業に対してのサポートを専門として行っているローン会社となり、そのメリットとしては最短即日で大口の融資が可能になるという点です。

融資が可能になる金額は最大5000万円までが即日で借入が可能になるという大きな特徴があり、融資のために窓口に出向く必要性もありませんので、全国どこでも対応をしてくれるという特徴があるローン会社です。 

急に大きな資金繰りが必要になったときに心強いとして人気があります。

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
7.50% 〜 15.00%最短即日最大5,000万円

MRF「不動産担保・ビジネスローン」

MRF「不動産担保・ビジネスローン」はその名の通り、不動産担保型のビジネスローンとなり、最大の特徴として融資限度額が担保となる不動産に応じて最高3億円の借り入れが可能になるという点で他の融資会社を圧倒しています。

気になる金利についてもローン相場より安く設定されていますので、大口の資金調達が必要な場合には特にオススメです。しかし、融資までの時間は他のローン会社に比べて長めとなっていますので、余裕を持って申し込みをするようにしましょう。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年15.00%以内翌営業日最高3億円

オージェイ「ビジネスローン」

オージェイ「ビジネスローン」では個人事業主や会社経営者まで幅広く融資を行っているローン会社で、その中でも会社経営者に支持されているプランが「無担保・ビジネスローン」となり、これらの特徴は利用限度額が高めに設定されています。

担保・保証人の付帯が不要であっても、最大2000万円の高額な融資にも対応しており、人気のローン会社となります。

最短で即日融資にも対応していますので、急に資金調達が必要になった場合でも対応を行ってくれます。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年10.00%~18.00%最短即日最高2,000万円

静岡銀行「しずきんビジネスクイックローン」

静岡銀行「しずきんビジネスクイックローン」を提供している銀行は静岡県になる静岡銀行となり、しずきんビジネスクイックローンの特徴として2つのタイプに分かれます。

タイプは「個人事業主」と「会社経営者」となり、個人事業主向けのプランでは収入証明書が不要で融資が受けられるというメリットがあります。

申し込み時に保証人や担保は不要となり、なんと副業であっても申し込みが可能となりますので、審査難易度の低さが人気の理由となっています。

法人向けの場合にはWEBや郵送で融資の申し込みができますので、来店の必要がないというのも忙しいビジネスマンにとってはうれしいメリットとなります。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年4.0%〜14.9%翌営業日以降500万円 

関西みらい銀行「事業者向けフリーローン」

関西みらい銀行「事業者向けフリーローンの一番の魅力として挙げられるのが「金利の低さ」となります。

金利は年4.0%から13.5%となっており、他と比較をしても圧倒的に安い金利です。

最高融資額は最大で300万円の融資が可能で、融資を受ける際の保証人や担保も必要ないということも大きな特徴です。

しかし、注意点としては申し込み対象者は「関西未来銀行の営業区内で事業を行っている会社」のみが対象となっておりますので、その点は注意が必要です。 

金利(実質年率)融資までの期間利用限度額
年4.0%〜13.5%翌営業日以降最高300万円 

まとめ

厳選してビジネスローンを比較しましたが参考になりましたでしょうか?

ビジネスローンは日本政策金融公庫以外の借り入れとして最も有効な資金調達手段となりますが、うまく用途に合わせて利用すれば事業持続化、経営拡大などメリットも豊富です。

資金調達する場合でもビジネスローンによって金利も利用限度額、融資までの期間もまったく違いますので、ランキングを参考にして自分に合ったベストなビジネスローンを申し込んでみましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる