カードローンは手軽で便利?!メリット、デメリットを徹底解説!

カードローン(かーどろーん)意味、銀行や消費者金融が発行するカードによる、貸金システム

普段からしっかりとお金を管理していたとしても、急にまとまった出費が必要になってしまう事はよくあります。

そんな時に、カードローンを利用したいと考える人はたくさんいるでしょう。

ただし、このサービスは非常に手軽で便利ですが、気を付けなければならないこともいくつかあるのです。

そこでこの記事では、カードローンのメリット、デメリット、利用時の注意点について詳しく解説していきます。

目次

カードローンって一体何?

カードローンは、ローン会社から付与されるカードを使ってお金を借りられるサービスのことを指します。

カードローンの場合は、基本的に保証人も要りませんし、担保も必要ありません。

このようなことから、

「気軽に借りられる便利なサービスだ」

と言われているのです。

利用するメリットは?

次に、カードローンの具体的なメリットについて、詳しく見ていきましょう。

気軽に借りられる

先ほども解説したように、ローン会社の審査に通れば、専用のカードを受け取ることができます。

そして、そのカードを使えば、提携しているATMなどで気軽にお金を借りることができるのです。

そのため、

  • 忙しい時
  • すぐにお金が必要な時

という時でも安心して利用することができます。

使い道に制限がない

ローンには、お金の使い道が決まってしまっている物もあります。

例えば、

  • 住宅ローン→住宅関連にしか使えない
  • 自動車ローン→車関連にしか使えない

というような形です。

しかし、カードローンの場合は使い道が明確に定められていませんので、どのような使い方をしてもペナルティなどはありません。

計画的に返済できる

カードローンの返済方法にはいくつかの種類があるのですが、多くの場合、残高スライド方式が適用されます。

これは、借りている金額を元に返済金額が算出される方法で、そこには利息と元金が含まれています。

この方法は、毎月の返済金額がわかりやすいというメリットがあるため、計画的に返していくことができるのです。

デメリットってあるの?

では次に、カードローンのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

金利が高い

先ほども解説したように、カードローンは使い道が決められていませんので、自分の好きなことに使うことができます。

しかし、この利便性の高さから、若干金利が高めに設定されていることが多いのです。

更に、担保なし、保証人なしで借りることができ、業者のリスクが高くなるということも、金利が高くなる原因の1つです。

返済が長引く可能性が高い

カードローンでは、毎月の支払額を一定の範囲内で選択できることがあります。

中には、

「無理のない範囲でコツコツ返そう」

と考える人もいるのですが、あまりにスローペース過ぎると、元金が減らず、いつまでも返済をし続けなければならなくなることがあります。

この間も金利は発生していますので、できるだけ早く返済をしてしまう事をおすすめします。

その他のローン審査に影響が出る

カードローンを利用している場合は、その他のローンに影響が出てしまう事があります。

というのも、ローンの審査では、

「本当に返してくれるか?」

「今の段階でお金に困っていないか?」

という事を見られるため、

・カードローンを利用している→お金に困っている

と判断されてしまう事もあるのです。

もちろん、カードローンを利用しているからと言って、100%他のローン審査に通らなくなるというわけではありません。

しかし、審査にプラスの影響を与えることはまずありませんので、

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

の利用を考えている人は注意が必要です。

利用する時に注意すべきこと

最後に、カードローンを利用する時に注意すべきことについて、詳しく解説していきます。

借入額は身の丈に合っているか?

これは基本的なことですが、意外とできていない人がたくさんいるのです。

日本では、総量規制という法律により、年収の3分の1までの金額しか借りることができません。

とはいえ、年収の3分の1に当たる金額を返済していくというのは容易なことではないのです。

そのため、

「本当にこの金額を借りても、返していけるか」

ということを冷静に考えてから、契約することをおすすめします。

返済計画はできているか?

お金を借りる時は返済計画をしっかりと立てなければなりません。

中には、

「大体〇万円くらいなら返せそう」

という曖昧な計画で借りてしまう人もいますが、これはかなり危険な行為です。

返済計画を立てる時は、収入や貯蓄、生活費やその他の出費などを総合的に考えて、返済に充てられる金額を割り出していくことが大切なのです。

まとめ

カードローンというのは、非常に便利なシステムで、急な出費が発生した時の強い味方になってくれます。

しかし、安易な考えで借りすぎてしまうと、その後が大変になり、最悪の場合は生活が苦しくなってしまうこともありますので、今回紹介した注意点をしっかりと頭に入れて、慎重に利用していくことをおすすめします。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる