カードローン– category –

銀行の融資で一番借りやすいのが「銀行カードローン」です。好きな時に銀行のATMでお金を借りれるので最も使い勝手が良い融資だとおもいます。

カードローンの魅力はすぐにお金を借りれること以外に銀行ならではの金利の安さが魅力です。このカテゴリではそんな銀行カードローン、銀行でのお金の借り方を紹介していきます。

消費者金融と銀行は良く比較されがちですが、銀行は金利の安さの他にもこんなメリットがあります。

銀行でお金を借りるメリット・デメリット

銀行でお金を借りるメリット

総量規制の対象外

総量規制って聞いたことはありますでしょうか?貸金業法の改正で貸金業者からお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りられないという法律です。この法律のおかげで返済能力を上回る金額を貸さない、借りすぎないという予防になっています。

ですが、銀行は貸金業者ではありませんので総量規制の対象外に該当します。つまりいくらでもお金を借りれるという事ですね。消費者金融よりも金利が安いのに加えて大きな金額を借りることができるというメリットが銀行にはあるのです。

「金利が安い」という事と「総量規制の対象外」という2つのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

銀行でお金を借りるデメリット

まず銀行でお金を借りる時はどんな融資であれ、審査が厳しいです。消費者金融では数秒で審査結果がわかり、最短1時間で契約が終わって即日融資・即日キャッシングできますが銀行は審査に1週間~1か月かかる場合があります。審査に通れば金利も安く好条件でお金を借りれるのでメリットは大きいのですが、審査が厳しいので審査に通らない場合も度々起こります。

さらに銀行口座を開設しないとお金を借りられない場合もありますし、何度か銀行の窓口にいかなければならない時もあります。大きな金額ともあれば慎重な審査は仕方ないのかもしれませんが、少額融資の場合は銀行の融資はあまりおすすめしません。

デメリット

  • 即日融資・即日キャッシングはできない
  • 銀行によっては銀行口座開設必須
  • スマホアプリで管理できない銀行がある
  • 消費者金融よりも審査が長く、厳しい
  • 信用情報にも厳しく、滞納で信用情報に傷がつく

銀行はデメリットもありますが、総量規制の対象外ですので大きな金額を低金利で借りることができます。つまり、たくさんの消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を使いすぎていたとしても、おまとめローン・借り換えで金利を安くできるメリットがあります。

50万円以下の少額融資では銀行の借入れは向いていませんが、50万円以上であれば消費者金融よりも銀行の方がメリットが高いので融資を検討してみるのも良いと思います。

1