消費者金融– category –

今すぐお金を借りることのできる消費者金融の体験談や厳選した信用できる金融会社を紹介します。 

消費者金融ではじめてお金を借りる方の平均金利は18%と言われていますので金利が高めだと言われている消費者金融ですが、1時間以内に現金を手にいれる事ができる即日融資や、50万円以内でお金を借りたい方には銀行よりもおすすめできる理由を解説していきます。

消費者金融でお金を借りるメリット・デメリット

消費者金融でお金を借りるメリット

即日融資・即日キャッシングで最短1時間以内に入金

消費者金融の良い所は即日融資に対応しているところです。 加えて50万円以内の少額融資であれば審査に時間のかかる銀行よりも使い勝手が良い融資と言えます。

消費者金融と銀行を比べるとどうしても金利の差が金ある方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなに変わらないのが現状です。 

消費者金融の平均的な実質年率はだいたい18%ですが、銀行は15%前後になります。差は3%ほどありますが10万円借りると月の利息の差は約250円ほどしかかかりません。

この差額を大きいか小さいかは人それぞれですが、審査に何週間も待たされ審査に落ちる可能性が高い銀行よりも消費者金融でサクッとお金を借りて返済していった方が個人的には良いと思います。何週間も待たされて審査に落ちればそれだけで大損ですからね。 もちろん大きな金額を長期的に借りるなら間違いなく銀行一択です。 

さらに消費者金融は初めての方であれば30日間の無利息期間キャンペーンを何年も続けています。1か月分の金利差は先ほどの消費者金融と銀行の金利差約6か月分に相当していますので、そこまで銀行からの融資にこだわる必要もないと思います。

消費者金融でお金を借りるデメリット

消費者金融でお金を借りるデメリットと言えば「総量規制の対象」という事でしょう。

総量規制とは年収の3分の1までしか借りられないという法律です。この法律は貸金業法ですので貸金業者である消費者金融だけの法律だと思われがちですが、クレジットカードの会社も貸金業者になりますのでクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となります。その為、お金が必要な方の多くがすでに年収の3分の1まで借りてしまっている事が多く、消費者金融の審査に落ちてしまう事も多いです。

 以下は、消費者金融をもっと深く掘り下げて解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

1