千葉銀行カードローンの審査に通るには?融資を受けるまでの流れを徹底解説

千葉銀行カードローンの審査に通るには?融資を受けるまでの流れを徹底解説

千葉銀行カードローンの審査に通るのか不安

融資を受けるまでの流れを知りたい

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

千葉銀行は地方銀行でありながらニューヨークやロンドンにも支店を持つ非常に規模の大きな銀行です。

規模が大きいだけに対応が良く、ストレスなく融資を受けることができるという口コミも多く挙がっています。

本記事では、千葉銀行カードローンの融資を受けるまでの流れや融資を受ける際によくある質問、また返済方法など千葉銀行カードローンに関するすべての情報を網羅しています。

目次

千葉銀行カードローンの概要

項目千葉銀行カードローンの概要
申し込み条件
・契約時の年齢が20歳以上65歳未満
・安定した収入がある
・住居または勤め先が千葉銀行本支店もしくはインターネット支店の営業地域内である
・千葉銀行の普通預金口座を持っている
金利年1.4%~14.8%
利用限度額10万円~800万円
審査時間
融資時間
保証人不要

千葉銀行カードローンは株式会社千葉銀行が提供するカードローンです。

契約時の年齢が20歳以上65歳未満で安定した収入があり、千葉銀行本支店もしくはインターネット支店の営業地域内に住居または勤め先があれば申し込みを行うことができます。

ただし、千葉銀行の普通預金口座を持っていなければならないので持っていない方はカードローンの申し込みと同時に口座開設の手続きを行わなければなりません。

金利は年1.4%~14.8%と銀行系カードローンの中では平均的で、消費者金融と比べると圧倒的に安い金利設定です。利用限度額も最大で800万円まで融資を受けられるため大きな金額が必要な方でも安心して借入できます。

審査時間と融資時間に関してですが、2018年1月から審査が厳しくなっており銀行では即日審査および即日融資が行えない状況です。しかし、千葉銀行カードローンでは契約の時点で融資が可能なカードローン入金サービスを行っており、他の銀行系商品よりも早く融資を受けることができます。

保証人や担保は必要ないのでスムーズに借入を行うことが可能です。

千葉銀行カードローンのメリットとデメリット

千葉銀行カードローンにはメリットとデメリットがあります。

あなたに適していない場合もあるので、良い面と悪い面のどちらも把握した上で利用するのか考えてください。

千葉銀行カードローンのメリット

千葉銀行カードローンで得られるメリットは主に5つです。

他の銀行系カードローンでは受けられないような特徴的なメリットが多くなっています。

  • ネットだけで完結する
  • 消費者金融と比べて金利が低い
  • 最低返済額が低い
  • 相談ダイヤルの営業時間が長い
  • 契約と同時に融資を受けられる

ネットだけで完結する

千葉銀行カードローンで融資を受けられるようになるまでの全ての手続きをネットだけで済ませることができます。

実際に店舗まで足を運ぶ必要がないため仕事で忙しい方や千葉銀行まで距離があるという方でも安心して手続きを進めることが可能です。また、新型コロナウイルスの感染症対策としても外に出なくて済むネット申し込みは大きなメリットの一つと言えるでしょう。

消費者金融と比べて金利が低い

千葉銀行カードローンは金利が1.4%~14.8%と消費者金融と比べると低く設定されています。

例として消費者金融大手であるアイフルとアコムを挙げて見てみましょう。

  • アイフルの金利 : 3.0%~18.0%
  • アコムの金利  : 3.0%~18.0%

少しでも金利を低く抑えたいのであれば千葉銀行カードローンは非常におすすめです。

しかし、アイフルやセコムといった消費者金融には借入から30日間利息がかからないサービスを実施しているところもあります。30日以内に完済できる場合には消費者金融の方がお得に借入ができるといえるでしょう。

最低返済額が低い

千葉銀行カードローンは最低返済額が低く設定されており、毎月2,000円の返済からでOKです。

最低返済額は自身の借入残高によって金額が異なるため、借入を行う前に毎月の最低返済額にどれくらいの金額が必要なのか確認しておきましょう。

返済日前日の最終回借入残高に対する返済額の一覧は以下のようになっています。

返済日前日の最終借入残高返済額
10万円以下2千円
10万円超~20万円以下4千円
20万円超~30万円以下6千円
30万円超~40万円以下8千円
40万円超~50万円以下1万円
50万円超~100万円以下2万円
100万円超~200万円以下3万円
200万円超~300万円以下4万円
300万円超~400万円以下5万円
400万円超~500万円以下6万円
500万円超~600万円以下7万円
600万円超~700万円以下8万円
700万円超~800万円以下9万円

例えば、あなたが千葉銀行カードローンで15万円の借入を行ったとします。

借入残高15万円の最低返済額は4,000円です。しかし、毎月返済を繰り返して借入残高が10万円以下になった場合には最低返済額は2,000円に下がることになります。

つまり、借入残高が減るほど最低返済額も下がっていくということです。この特徴を押さえた上で自身にあった借入額を選択するようにしてください。

フリーダイヤルの営業時間が長い

千葉銀行カードローンのフリーダイヤルは朝の7時から夜の23時まで営業しています。

また、土日・祝日も営業を行っているため、自分の空いている好きな時間に電話をかけることが可能です。

特に初めてカードローンを使用される方にとっては不安なことが多いと思いますので、千葉銀行カードローンのように営業時間の長いフリーダイヤルがあるのはおすすめでしょう。

千葉銀行カードローンのフリーダイヤル

電話番号 : 0120-68-7878
営業時間 : 7時~23時(土日・祝日を含む)
休業日 : 12月31日~1月3日

契約と同時に融資を受けられる

銀行系カードローンでは2018年1月より審査が厳しくなっており、即日融資を受けられなくなりました。

しかし、千葉銀行カードローンなら契約の時点で融資が可能なカードローン入金サービスを行っており、他の銀行系商品よりも早く融資を受けることができます。

千葉銀行カードローンのデメリット

ここまで千葉銀行カードローンのメリットについて解説してきましたが、一方でデメリットにはどのような点があるのでしょうか。

千葉銀行カードローンのデメリットは主に3つです。

  • 利用できないエリアがある
  • 千葉銀行の普通預金口座が必要
  • 融資までに時間がかかる

利用できないエリアがある

千葉銀行カードローンは千葉銀行本支店もしくはインターネット支店の営業地域内に住まわれている方でなければ申込みを行うことはできません。

千葉銀行本支店とインターネット支店の営業地域は以下のように指定されているので、自分の住んでいる地域が対象となっているのか確認しましょう。

インターネット支店「千葉県全域」
「東京都全域」
「茨城県全域」
「埼玉県全域」
「神奈川県横浜市・川崎市」
本支店「千葉県全域」
「東京都23区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市」
「茨城県全域」
「埼玉県さいたま市岩槻区・川口市・春日部市・草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市」
「神奈川県横浜市・川崎市」

千葉銀行の普通預金口座が必要

千葉銀行カードローンの申込みには千葉銀行の普通預金口座が必要です。

千葉銀行の普通預金口座を持っていない場合には、申込みと一緒に口座開設の手続きも行わなければなりません。他の銀行系カードローンでは口座開設をしなくても申込みできるものもあるので、面倒だという方は他の銀行カードローンを選択しましょう。

融資までに時間がかかる

千葉銀行カードローンは銀行系のカードローンなので融資までに時間がかかります。

何度も述べているように2018年1月から審査が厳しくなったためで、そのため今すぐにお金が必要だという方は即日融資が可能な消費者金融から融資を受けることをおすすめします。

ちなみにアイフルやアコムといった大手消費者金融で即日融資を受けることが可能です。

千葉銀行カードローンで融資を受けるまでの流れ

千葉銀行カードローンで融資を受ける際には以下の手順を踏む必要があります。

きちんと手順を踏むだけで簡単に申込ができるので目を通しておきましょう。

  1. 審査に申し込む
  2. 仮審査結果が送られてくる
  3. 必要書類を提出して正式審査を受ける
  4. 融資を受けられるようになる
STEP
審査に申し込む

まずは審査の申込を行います。

千葉銀行カードローンの公式ページにアクセスして「お申込みはこちら」を選択してください。注意事項を確認したら「同意してお申込みへ進む」を選択し、「新規申し込み」から必要情報の入力を始めましょう。

すべての情報を入力し送信すると、その情報をもとに仮審査が始まります。

仮審査の際には本人確認書類が必要です。

千葉銀行カードローンの審査に必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証
STEP
仮審査結果が送られてくる

必要情報の入力を終え送信したら仮審査結果の結果を待ちます。

仮審査に通った場合には電話で連絡がきますが、残念ながら落ちてしまった場合にはメールもしくは郵送で連絡がきます。仮審査を通過すると収入証明書の提出が必要です。

審査に時間がかかることもあるので申込の時点で手元に用意しておくようにしましょう。

STEP
必要書類を提出して正式審査を受ける

仮審査に通ったら収入証明書を提出して正式審査を受けましょう。

収入証明書が必要となるのは「50万円以上の借入を希望する方」のみです。

ただし、仮審査の内容によっては50万円以下の借入でも収入証明書が必要となる場合があったり、他の書類が必要となる場合もあるため注意が必要となります。

千葉銀行カードローンで利用できる収入証明書は以下の通りです。

千葉銀行カードローンで利用できる収入証明書

  • 直近の源泉徴収書
  • 直近の住民税決定通知書
  • 直近3ヶ月以内の給与明細書+直近1年分の賞与明細書
  • 直近の確定申告書 第一表
STEP
融資を受けられるようになる

正式な審査による合否結果は電話によって行われ、無事に通ると契約成立となります。

ローンカード自体は後日送られてくることになりますが、カードローン入金サービスを利用することで希望額を契約時に返済用口座に入金してもらうことも可能です。

できるだけ早く融資を受けたいという方はカードローン入金サービスを希望するようにしましょう。

千葉銀行カードローンの審査基準

千葉銀行カードローンの審査基準は公式ページより以下の4点が挙げられています。

自分がこれらの審査基準を満たしているのかどうか確認してみましょう。

  • 20歳以上65歳未満であるか
  • 安定した収入があるか
  • 千葉銀行本支店もしくはインターネット支店の営業地域内であるか
  • 千葉銀行の普通預金口座を持っているか

20歳以上65歳未満であるか

契約時に満20歳以上65歳未満なら利用することができます。

年齢さえ満たしていればアルバイトやパートの方でも申込が可能です。また65歳以上の方は三井住友カードローンやPayPay銀行ネットキャッシングなどが対応しているのでこれらの申込を検討してみてください。

ちなみに、同じ千葉銀行株式会社が提供している「ちばぎんフリーローン」も70歳未満まで対応しています。

安定した収入があるか

月に1回以上の安定した収入があることも重要な審査基準と言えます。

アルバイトやパートの方でも毎月安定した収入を得ていれば審査に通ることは可能です。具体的な金額は定まっていませんが、最低でも月に10万円程度稼いでいれば問題ないでしょう。

安定した収入という面で見ると、どうしても収入が不安定になりがちな自営業の方だと審査が厳しくなる傾向にあります。また、収入が年金のみとなっている場合も融資が行えないため他の収入源を確保しなければなりません。

千葉銀行本支店もしくはインターネット支店の営業地域内であるか

千葉銀行は地方銀行ということもあり、自分が住んでいる住所が千葉銀行本支店もしくはインターネット支店の営業地域内でなければ利用できません。

自分が住んでいる地域が対象となっているのか以下で確認してください。

インターネット支店「千葉県全域」
「東京都全域」
「茨城県全域」
「埼玉県全域」
「神奈川県横浜市・川崎市」
本支店「千葉県全域」
「東京都23区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市」
「茨城県全域」
「埼玉県さいたま市岩槻区・川口市・春日部市・草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市」
「神奈川県横浜市・川崎市」

千葉銀行の普通預金口座を持っているか

千葉銀行カードローンを利用する際には千葉銀行の普通預金口座を持っている必要があります。

持っていない場合には審査を受けるのと同時に普通預金口座の開設も行いましょう。銀行系カードローンの中には口座開設が必要ない商品もあるので口座開設が面倒だという方は他のカードローンを検討するのもアリです。

千葉銀行カードローンで融資を受ける際によくある質問

千葉銀行カードローンで融資を受ける際によくある質問についてまとめてみました。

自分でも気づいていない疑問点が見つかるかもしれないのでぜひ参考にしてください。

  • 即日融資は受けられる?
  • 専業主婦でも審査に通る?
  • 在籍確認は行われる?
  • 借入時に家族にバレることはある?
  • 千葉銀行カードローンの審査は甘い?
  • 30日間無利息期間などの利息ゼロサービスはある?
即日融資は受けられる?

千葉銀行カードローンでは即日融資を受けることはできません。

千葉銀行カードローンに限らず銀行系カードローンは全て即日融資が行えないように定められているので、今すぐにお金が必要な方はアイフルやアコムといった消費者金融を利用するようにしましょう。

専業主婦でも審査に通る?

千葉銀行カードローンは専業主婦でも配偶者が安定した収入を持っていれば審査に通る可能性があります。

また、その際の在籍確認も自宅か自分の携帯にかかってくるので夫にバレることなく利用することが可能です。しかし、郵便物等も自宅に届いてしまうのでバレたくないのであれば細心の注意を払わなければなりません。

在籍確認は行われる?

千葉銀行カードローンの在籍確認は仮審査に通った後に行われます。

在籍確認とは記載された勤務先で本当に働いているのかという確認のために勤務先に電話をかけるというものです。基本的にはカードローンの在籍確認であることは隠してくれるはずですが、詳しく聞かれた場合には会社にバレてしまう可能性もゼロではないので注意が必要となります。

借入時に家族にバレることはある?

千葉銀行カードローンから直接家族にバラすようなことはありませんが、ローンカードや利用明細などの郵便物からバレる可能性はあります。バレたくない場合にはローンカードは家族の目が届かない場所で管理したり、自分宛の郵便物は触らないようにしてもらうなどの対策を取るようにしましょう。

千葉銀行カードローンの審査は甘い?

千葉銀行カードローンの審査は銀行系カードローンということもあって甘くはありません。

一般的に消費者金融の方が審査は甘いとされています。しかし、アルバイトやパート、また専業主婦でも審査に通る可能性があることを考えると厳しすぎるというわけではなさそうです。

過去にローンの滞納歴があったり金融事故を起こしたりしておらず、千葉銀行カードローンの審査基準を満たしてれば審査に通る可能性は高いでしょう。

30日間無利息期間などの利息ゼロサービスはある?

消費者金融では借入時から30日間は無利息になるというサービスを行っている会社もあります。

しかし、千葉銀行カードローンでは利息ゼロとなるサービスは行っていません。

もし、30日以内に換算できる予定なのであればアイフルやアコムといった利息ゼロとなるサービスを実施している消費者金融の利用をおすすめします。

千葉銀行カードローンの返済方法

千葉銀行カードローンの返済方法は、基本的に「千葉銀行預金口座からの自動引落し」のみです。

毎月1日に最低返済額が自動振替で引き落とされます。自動で引き落としが行われるため「払い忘れた…」という事態を防ぐことができ、遅延損害金の発生も防ぐことが可能です。ただし、当然のことながら預金口座に引き落とし分の金額が入っていなければ返済が行えないので毎月1日までに入れておく必要があります。

また、毎月1日の返済とは別に千葉銀行ATMや提携ATM、インターネットバンキング、店頭でもカードローンの返済を行うことが可能です。最低返済額以上の金額を返済しておけば将来的にかかる利息を減らせるため、経済的に余裕がある時はまとめて返済しておくことをおすすめします。

千葉銀行が提携を結んでいるATMは以下の通りです。

千葉銀行の提携ATM

  • イーネットATM「E-net」
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • 常陽銀行ATM
  • きらぼし銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • 武蔵野銀行ATM
  • 筑波銀行ATM
  • 山梨中央銀行ATM
  • 東邦銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ビューアルッテATM

千葉銀行カードローンの増額方法

千葉銀行カードローンの増額方法には2つの方法があります。

  • インターネットから申請する
  • 千葉銀行カードローンフリーダイヤルにかける

インターネットから申請する場合には24時間いつでも受付できるというメリットがありますが、いくつか情報を入力する手間が発生してしまいます。その一方で、千葉銀行カードローンフリーダイヤルは土日・祝日に関わらず朝7時から夜23時までの営業ですが、オペレーターからの質問に答えるだけで審査を済ませることが可能です。

どちらを面倒と感じるかは人それぞれなので、自分にあった方を選択して増額申請を行いましょう。

ちなみに、増額申請はローンカードを発行する際の審査よりも厳しくなるため落ちてしまう可能性もあるということは知っておいてください。

千葉銀行カードローンの解約方法

千葉銀行カードローンの解約方法には2つの方法があります。

  • 店頭窓口
  • 千葉銀行カードローンフリーダイヤルにかける

当然ですが、借入残高がゼロになっていなければ解約することはできません。

解約をする前に借入残高がゼロになっているか確認しておきましょう。

また、カードローンを解約したとしても銀行口座まで解約されることはありません。もし銀行口座まで解約を行いたいのであれば別途で手続きを行うようにしてください。

解約後に再度融資を受けたくなったとしても一から審査を受け直す必要があります。完済後に少しでも融資を受ける可能性があるのであれば解約せずにローンカードを手元に置いておくことをおすすめします。

ちばぎんカードローンとちばぎんフリーローンの違い

株式会社千葉銀行が提供する商品には千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)とちばぎんフリーローン(クイックパワー<アドバンス>)があります。

これらの違いは主に3つです。

  • 融資限度額が違う
  • 自由に借入はできない
  • 金利が違う

融資限度額が違う

千葉銀行カードローンの融資限度額は最大で800万円ですが、ちばぎんフリーローンは最大500万円です。できるだけ多くお金を借りたいというのであれば千葉銀行カードローンを選択しましょう。

自由に借入はできない

カードローンは融資限度額の中であれば何度でも借入を行うことができますが、フリーローンは借りられる回数が1回までとなっています。再び借入を行いたい場合には再度審査を受けなければなりません。何度も借入をする予定があるのか、一度きりの借入なのかで選択すると良いでしょう。

金利が違う

千葉銀行カードローンは変動金利で年率1.4%~14.8%なのに対して、ちばぎんフリーローンは固定金利で年率4.3%~14.8%となっています。変動金利は借りた後に金利が下がると返済額が減少しますが、一方で金利が上がると返済額が増えるという特徴があり返済計画が立てにくいです。

その一方で、固定金利は金利が一定のため返済額が変わらず、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

千葉銀行カードローンの口コミ

千葉銀行カードローンを実際に利用している方はどのようなことを感じているのでしょうか。

ここでは千葉銀行カードローンを利用している方の口コミについて見ていきます。

良い口コミ

WEB上で完結できるのが良い(30代男性)

引っ越しを行う際の家具や家電を揃えるために千葉銀行カードローンを利用しました。

仕事の合間を縫う形で引っ越しも行っていたので店舗まで足を運ぶ余裕はなく、WEB上で審査から契約まで結ぶことができるこの商品にすごく助けられました。

在籍確認が行われる際にもバレないように対応してくれて何事もなく済みました。正直電話が来るまではバレないかビクビクしていたんですけどいらない心配だったみたいです。銀行が提供する商品ということでオペレーターさんも親切でとても心地の良いやりとりを行うことができました。

今後とも使っていきたいカードローンサービスです。

早く融資を受けられる(40代男性)

友人の結婚式に出席するために旅費と交通費が急遽必要になり千葉銀行カードローンを利用しました。

結婚式自体が急だったのでできるだけ早く融資を受けたかったのですが、お金を借りるということで信頼できる銀行系の商品という条件は譲れなかったです。千葉銀行カードローンは契約と同時に融資が可能なサービスを行っているので、他社よりも早く借入を行うことができました。

実際の日数でいうと3日程度だったと思います。

即日融資は行えないようになっているみたいなので、今すぐにお金が必要!という方は即日OKの消費者金融に審査を申し込むようにすると良いのではないでしょうか。

最低返済額が低くて返しやすい(20代女性)

友達と旅行に行く際に手持ちのお金だけでは足りないと思い千葉銀行カードローンを利用しました。

当時の私はフリーターでアルバイトをして生計を立てており正直審査に通るのか不安でしたが、多いの他すぐに審査に通ったという連絡が来ました。月に大体12.3万程度の収入だったと思います。

そして、とにかくお金がないので最低返済額の低さには助かりました。

私が借りたのは10万円でしたが毎月の返済額はたったの2,000円でした。毎月2,000円支払うだけで思う存分旅行が楽しめたので満足です。そしてこんな私に丁寧な対応をしてくださった担当者さんには感謝しかありません。

悪い口コミ

口座開設が面倒(20代男性)

投資を行う際に、より大きなお金を使いたいと思い千葉銀行カードローンを利用しました。

しかし、利用するには口座を開設する必要があるとのことで非常に面倒くさかったです。なぜわざわざ新しい口座を用意する必要があるのかがわかりませんでしたが、口座を開設しなければ使えないとのことでなくなく開設。口座開設までに大体1週間くらいはかかりましたので、口座を持っていなくてすぐにお金が欲しい場合には別の会社を選んだほうが良いと思います。

結局、借入を行った金額分を完済した後はその口座は使わずすぐに解約しました。

借入時に手数料がかかった(20代女性)

趣味である骨董品を購入するために千葉銀行カードローンを利用しました。

たくさんカードローンの種類があることは知っていたのですが、たまたま近所にあったからという安易な気持ちで利用を決めました。しかし、ATMでお金を借り入れるたびに手数料を取られてしまい今では少し後悔しています。一万円を超える借入は220円、一万円以下の借入は110円の手数料がかかります。私のようにケチで少しの手数料も許せないタイプの人は選ばない方が良いかもしれません。

また、返済を提携ATMで行うと同じように手数料が発生してしまうので注意してください。

まとめ

いかがでしたか?今日は千葉銀行カードローンのメリットとデメリットや融資を受けるまでの流れ、返済方法など千葉銀行カードローンに関するすべての情報について解説してきました。

千葉銀行カードローンの審査に通るには審査基準を満たしていることはもちろんですが、ローンの滞納歴や金融事故を引き起こしていないのかということも重要です。

今一度、自分の信用情報について見直してみてください。

また、千葉銀行カードローンの公式ページでは借入可能か簡単な診断ができる「10秒クイック診断」を行っています。年齢や年収、また借入枠、他社で借りている返済額の4点を記入するだけで融資を受けられるのかがわかるので「審査に通るのか不安だ」という方はぜひ試してみてください。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる