インターネットバンキングって一体何?より安心して使うためには?

インターネットバンキング(いんたーねっとばんきんぐ)意味、インターネットを通して銀行システムを利用できるサービス

お金の管理をネット上で行えるインターネットバンキング。

この記事を見ている人の中にも、利用している人がいるのではないでしょうか。

しかし、インターネットバンキングについて具体的に説明できる人はそこまで多くないでしょう。

そこでこの記事では、インターネットバンキングとは何なのか、より安心して使うためにはどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

目次

インターネットバンキングって一体何?

インターネットバンキングというのは、その名の通りインターネットを通して銀行システムを利用できるサービスのことです。

今までは、銀行のATMに行ってお金を引き出したり、預けたり、送金をしたりしなければなりませんでした。

しかし、このサービスが出来上がったことで、銀行まで足を運ばずとも、スマホやパソコンさえあれば、いつでもどこでも銀行システムを利用できるようになったのです。

インターネットバンキングを使うことのメリットは?

では、そんなインターネットバンキングを使う事のメリットとは一体何なのでしょうか。

手数料が抑えられる

銀行ATMの最大の難点は、手数料が高いことでした。

中には、一時的に手数料が無料になったり、割引されたりしている所もありますが、基本的には100円から300円程の手数料がかかります。

1回の取引で見れば、

数百円くらいなんてことない

と感じるでしょう。

しかし、銀行ATMを1年に1回もしくは2回しか使わないという人は中々いませんよね。

つまり、利用する回数が増えれば増えるほど、手数料が痛手になってくるのです。

ただ、インターネットバンキングを利用することで、手数料をぐっと抑えて利用することができます。

理由は、人件費がそこまでかかっていないからです。

このようなことから、インターネットバンキングを使うことで、よりお得にお金の管理ができるようになるのです。

スマホで操作ができる

インターネットバンキングというのは、スマホでも操作することができます。

昨今、様々な金融機関が専用アプリや専用サイトをリリースしていて、このようなサービスを利用することで、スマホだけでお金の管理ができるようになるのです。

中には、

忙しくて銀行に行けない

銀行まで距離があるから中々足を運べない

という人もいるでしょう。

このような人がインターネットバンキングを利用すれば、お金を下したり、預けたりすることにストレスを感じることなく家計管理ができるようになるのです。

インターネットバンキングのデメリットは?

とはいえ、インターネットバンキングにはいくつかデメリットも存在しています。

引き落としに対応していない口座もある

インターネットバンキングを使っている人の中には、

引き落とし口座に設定したい

と思っている人もいるでしょう。

確かに、アプリなどを利用して残高をみることができるサービスもあるため、引き落とし口座に設定することができれば、いつでも残高の確認や引き落としの確認ができますよね。

ただ、中には引き落としに対応している口座、一部の引き落としにしか対応していない口座などもあるのです。

そのため、引き落としに使いたいと思っている場合は、これらのサービスを利用できる金融機関を探し、「引き落とし専用」の口座を作ってみることをおすすめします。

メンテナンス中は操作ができない

インターネットバンキングというのは、時々メンテナンスをする事があります。

これは、システムのバグやセキュリティの向上などに欠かせない作業であり、完全に無くすことはできません。

しかし、メンテナンスをしている最中というのは、サービスを利用することができなくなってしまいます。

とはいえ、基本的にこのメンテナンスというのは深夜帯に行われることが多いため、そこまで支障はないと言えるでしょう。

インターネットバンキングを安全に使うためには?

では、そんなインターネットバンキングを安全に使うためには一体どうすればいいのでしょうか。

使用する端末を1つに絞る

中には、スマホやパソコン、タブレットなど、様々な端末からインターネットバンキングにアクセスしている人もいるでしょう。

しかし、万が一ログアウトを忘れてしまったり、他人に口座情報を見られたりしてしまうと、トラブルの元になります。

そのため、インターネットバンキングを使用する端末を1つに絞り、自分しか内容がわからないようにすることが大切です。

パスワードはこまめに変える

インターネット上には、パソコンやIT関連の知識を悪用する人たちもいます。

このような人たちのことを、

  • ハッカー
  • クラッカー

と呼ぶのですが、このような人たちにパスワードを見破られてしまうと、

  • 身に覚えのない買い物
  • 身に覚えのない送金

をされてしまう可能性があるのです。

そのため、パスワードはわかりにくいものに設定して、こまめに変更することをおすすめします。

まとめ

インターネットバンキングというのは、どのような人にとっても便利なサービスだと言えます。

いくつかデメリットなどもありますが、それぞれ対処法があり、そこまで深く考える必要のないものばかりです。

しかし、インターネットバンキングを利用した犯罪、ハッキングなどの事件も実際に起こっていますので、先ほど解説した注意事項を頭に入れ、慎重に利用していくことをおすすめします。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる