借換えって一体何?メリットやデメリット、注意点を徹底解説!

借換え(かりかえ)意味、金融機関から新規に融資を受け、別の金融機関から融資を受けていた既存の借入を返済すること

借換えを検討している人の中には、

そもそもどんなメリット、デメリットがあるの?

注意点ってないのかな

と思っている人もいるでしょう。

この記事では、このような悩みを抱えている人に向けて、借換えのメリット、デメリット、それから注意点について詳しく解説していきます。

目次

借換えって一体何?

借換えというのは、行ってしまえば業者の乗り換えです。

例えば、10万円をAという業者から借りているとしましょう。

ただ、Aという業者は金利がものすごく高いです。

このような場合、金利が安いBという業者から10万円を借りて、その金額で金利が高いA社の借金を返済してしまいます。

そして、Bという会社に少しずつ返済をしていくのです。

そうすることで、支払う金利を抑えることができますので、お得に返済をしていくことが可能になります。

借換えのメリット、デメリットは?

では次に、借換えのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

カードローン借換えのメリット

カードローンを借り換えることによって、高かった金利を下げて、お得に返していくことができます。

中には金利を甘く見ている人もいますが、長期的に見るとかなりの金額になるのです。

また、借換えを行うことによって、利用限度枠が増える可能性もあります。

ただし、これは業者による審査のもと決められることですので、100%枠が増えると断言することはできません。

カードローン借換えのデメリット

カードローンの借換えを行う場合は、新たに別のローンへ申し込みをしなければなりません。

そして申し込み後は、会社や勤続年数などを審査されます。

この審査に通らないと、借換えを行うことができませんので、注意が必要です。

また、業者によって返済方法や使い方などが異なります。

そのため、借換えを行ったことによって、

  • 返済日がいつかわからなくなる
  • 利息の計算で混乱する

というような状態になってしまう事もあるのです。

住宅ローン借換えのメリット

低金利の住宅ローンの借換えを行うことで、返済金額を少なくすることができます。

また、借換えを行う際にリフォームローンを契約することで、金利を下げることができる可能性もあるのです。

基本的に、このリフォームローンを単体で契約すると、かなり高い金利が発生することになります。

しかし、借換えのタイミングで申し込みをすることで、通常よりもお得に借りられる可能性が高くなるため、家のリフォームを検討している人は是非検討してみてください。

住宅ローン借換えのデメリット

住宅ローンを借換える場合、様々な手数料がかかる事があります。

例えば、

  • 事務手数料
  • 抵当権設定費用

などです。

これらは数千円、数万円という話ではなく、30~70万円程度になる事が多いため、慎重に検討することが大切です。

住宅ローンの借換えというのは、カードローンの借換えのように簡単にはできません。

なぜなら、物件関係の書類や収入を証明するための書類などがたくさん必要になるからです。

そのため、借換えを行う場合は、比較的労力がかかることを覚悟しておきましょう。

借換えの注意点

続いて、借換えを行う際の注意点について、詳しく解説していきます。

カードローンの場合

カードローンを借り換える場合、最も注目すべきなのは金利です。

借換えの目的は金利を下げることにある、と言っても過言ではないほど重要なポイントです。

仮に借換え先が、今と同じくらいの金利であれば、借り換えるメリットはそこまでないと言えるでしょう。

中には借り換え専用の適用金利がある業者もありますので、そのような業者に絞って探していくことも大切です。

また、借換えを行う場合は再度審査をする必要があるのですが、今ある借金の返済が滞ってしまうと、審査に通らなくなってしまう可能性がありますので、毎月しっかりと返済を続けていくようにしてください。

更に、この審査では勤続年数などを見て、

安定した収入を得られているのか

という事を確認されます。

そのため、今の会社に入って1年未満という人は、最低でも1年経過したタイミングで借換え審査を行うことをおすすめします。

住宅ローンの場合

住宅ローンを借り換える場合にもいくつか注意点があります。

まずは、現在利用している金融機関の別のプランに申し込むことはできないという事です。

例えば、

自分が申し込んだ時よりも金利が安くなっているじゃないか!

こんな時は借換えたくなりますよね。

ただ、基本的に同じ金融機関で借り換えることはできず、この場合は「条件変更」になりますので、個別で交渉をする必要があります。

また、物件の価値が大きく下がってしまった場合は、審査に通らなくなってしまう可能性がありますので注意してください。

更に、物件を誰かに貸し出している場合は住宅ローンの対象外になってしまいますので、借換えを行うことはできません。

他にも収入が減った場合や、返済が遅延している場合などは借換えを断られるケースがありますので、まずはそれぞれの金融機関に相談してみることをおすすめします。

まとめ

借換えを行う事で、金利を下げることができ、よりお得に借金を返していけ可能性が高くなります。

ただし、カードローンと住宅ローンで借換えの仕組みやメリット、デメリットが異なりますので、十分に理解した上で借換えを行うことをおすすめします。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる