無担保ローンとは一体何?メリット、デメリットを徹底解説!

無担保ローン(むたんぽろーん)意味、担保を用意することなくお金を借りる事ができるローン商品

大きな買い物をする場合、ローンを活用することもありますよね。

ただ、中には、

無担保ローンって何なの?

と思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、無担保ローンの特徴などについて、詳しく紹介していきます。

目次

無担保ローンとは一体何?

ローン会社が一番恐れているのは、返済が滞ることです。

なぜなら、金利によって利益を上げているため、仮に返済をしてもらえなくなってしまったら、

貸した金額+得られるはずだった利益

がなくなるからです。

そのため、

もし返せなかったら、お金以外の資産を頂きます

というルールを設ける事があります。

これが、担保です。

無担保ローンの場合は、このような万が一の保険(土地などの資産)を一切用意せずにお金を工面できるのです。

どんなメリットがある?

では、そんな無担保ローンには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

担保なし

中には、

資産なんかないよ

という人もいるでしょう。

このような人でも、無担保ローンであれば気軽に活用することができるのです。

スピーディー

担保ローンの場合は、

その資産に価値があるのか

という事をチェックしなければならないため、比較的時間がかかってしまいます。

しかし、無担保ローンの場合はこのようなチェックが不要で、借主の情報などを重点的にチェックしていくため、比較的早く手続きを進められるのです。

急ぎで資金調達をする必要がない場合は別ですが、ローンを組みたいと思っている人の多くは、

できるだけすぐに資金調達をしたい

と思っているでしょう。

そのような人にはこのローン形式が最もおすすめです。

コストを下げられる

基本的に、担保住宅ローンを活用する場合、抵当権を設定しなければなりません。

ただ、抵当権の設定をする時は、様々な書類を作る必要があり、素人では行えません。

そのため、司法書士などの専門家を挟むことになるのですが、これには5万円から10万円程の費用がかかってしまうのです。

しかし、無担保ローンの場合は抵当権を設定しなくてよいため、コストを抑えられます。

高額の借り入れをする場合、5万円や10万円が安く感じることもありますが、紛れもなく大金ですので、カットできる部分はしっかりとそぎ落としていきましょう。

様々な場面で使える

使途が明確に定められていない無担保ローンでは、何にお金を使おうが自由です。

そのため、

  • 家具を買う
  • 旅行代金
  • 電子機器を買う

など、自分の好きなように使うことができるのです。

デメリットがあるって本当?

次に、無担保ローンのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

上限金額が低くなる

業者も慈善事業ではありませんので、担保を用意できない人に高額の融資はしてくれません。

そのため、無担保融資の場合は比較的上限金額が低くなる傾向にあるのです。

返済期間が短くなる

担保ローンの場合は、比較的返済期間が長めになっていることが多いです。

なぜなら、返済が滞ったら担保にしてある土地や資産を売却すればいいだけだからです。

しかし、無担保ローンの場合は、返済期間が若干短くなってしまうこともありますので、慎重に検討しましょう。

これを事前に確認しておかないと、

そんなすぐに返せないよ!

という状態になってしまい、トラブルに発展してしまう可能性が高くなります。

個人の信用が肝

担保を用意せずにお金を貸す、というのは、業者にとってかなりのリスクです。

そのため、担チェックが厳しめに行われることもあります。

具体的には、

  • その人の年収
  • 勤務している会社
  • 役職
  • 勤続年数

などを細かく見られることがあり、不安材料がないと判断された場合のみ、貸してもらうことができるのです。

注意点はある?

次に、無担保ローン利用時の注意点について、詳しく見ていきましょう。

これから紹介する注意点を理解していないと、自分に最適な形で契約をすることができず、後悔してしまう可能性が高くなってしまいますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

業者の提案を全て鵜呑みにする必要はない

住宅ローンなどを組む際に、担当スタッフから無担保ローンを進められることがあります。

しかし、その提案を全て鵜呑みにする必要はありませんので、自分に最適な形を選択するようにしましょう。

計画的に利用する

かなり基本的なことですが、ローンを組めば、全額返さなければなりません。

そのため、あまりにも高額なお金を借りてしまうと、いつまで経っても返済地獄から抜け出すことができなくなってしまうのです。

このようなことから、ローンを活用する際は事前に返済計画を立て、無理のない範囲で活用しましょう。

まとめ

無担保ローンを利用することで、担保に設定できる資産がない人やでもローンを組めるようになります。

ただし、このローン形式にもデメリットや注意点がいくつかありますので、しっかりと確認しておかなければなりません。

そうでないと、返済が大変になってしまったり、希望する額を調達できなくなってしまうのです。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる