年利とは一体何?年利は引き下げられるって本当?

年利(年利)意味、1年単位で表す金利の事で、借りたお金に対して支払う利息の割合

年利という言葉の意味が分からないと悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

確かに、金融用語には似たような言葉がいくつも存在していますし、内容も複雑ものが多いため、混乱してしまう人も多いです。

とはいえ、年利の意味はかなりシンプルですので、誰でも理解できるはずです。

そこでこの記事では、年利とは一体何か、引き下げられるのかという事を、わかりやすい言葉で説明していきます。

目次

年利とは一体何?

借金をすると、元金にプラスして利息分も合わせて返していくことになりますよね。

この利息が、1年間で元金の何%になるかを表したものを、年利と呼ぶのです。

また、この年利は業者によって異なるため、全く意識せずに契約をすると後悔することになるでしょう。

ただし、貸金業法によって上限が決まっていますので、ある程度知名度の高い金融機関を選んで契約をすれば、法外な請求をされることはありません。

具体的な上限は、

  • 10万円未満→20%
  • 10万円~100万円以下→18%
  • 100万円~→15%

となっています。

年利が高いローンって一体どれ?

使い道が明確に定められていないカードローンは比較的年利が高くなる傾向にあります。

また、この方法でローンを組むと、担保が必要なく、保証人を立てる必要もないため、業者のリスクが高まります。

このような理由により、目的が決められているローンよりも高い年利を設定されてしまう事が多いのです。

引き下げるためには?

では次に、年利を引き下げる方法について、詳しく見ていきましょう。

自動的に下がることもある

利用歴が長く、その間に遅延がなかった場合、優良顧客と認定されるケースがあります。

そうなると、自動的に年利が下がることもあるのです。

借換えを行う

年利が安い所に借換えを検討してみることも1つの手段となります。

また、借換えを行う際に、金利の交渉に応じてもらえるケースがあるのです。

例えば、

  • 定期預金も同時に行うと交渉する
  • メインバンクにする旨を伝える
  • 給料の振込口座にすると伝える
  • 他のローンを組む

などを材料にすることで、有利な条件を提示してくれることもあります。

もちろん、絶対に交渉が通るというわけではありませんが、金融機関もビジネスですので、

借換えてくれるなら

と承諾してくれる可能性も0ではありません。

上限額の引き上げ申請をする

自ら上限額の引き上げ申請をしてみるということも賢い方法と言えるでしょう。

ただし、

  • 年収
  • 遅延の有無
  • 利用実績

などをもとに審査され、通った人だけが上限額を引き上げて、年利を下げてもらえるため注意が必要です。

年利を引き下げるためのちょっとしたコツ

次に、年利を引き下げるためにしておくべき、ちょっとしたコツについて、詳しく見ていきましょう。

毎月しっかりと返済する

これは、一見当たり前のことのように思えますが、毎月コツコツ返済を続けていけば、業者からの信頼を得られるようになります。

そうすることで、自動的に年利が引き下がる可能性が高くなるのです。

年収を上がったら申告をする

年利を引き下げたい場合は、上限額の引き上げ申請をすることが大切です。

ただ、この上限の引き上げ申請では、年収などの様々な要素が審査されます。

中には、年収が上がったことを業者に申告していない人もいますが、これは非常にもったいないことですので、年収が上がったら忘れずに申告するようにしましょう。

最低限の金額に留めておく

借金をする癖がついてしまうと、必要な金額以上に借り入れを行ってしまう人がいます。

しかし、これをやってしまうと、発生する利息も高くなってしまいますので、最低限の金額だけを借りるようにしてください。

そうすることで、自分自身の負担を軽減し、無理なく返していけるようになるでしょう。

どうしても首が回らないなら債務整理

返済のせいで生活がひっ迫している人は、どれだけ年利を下げても問題が解決しないことがあります。

そのため、どうしても首が回らなくなってしまったら、債務整理を検討してください。

債務整理には、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

という3つの種類があります。

早い段階で専門家に相談をすれば、任意整理で済むことがあります。

任意整理をすると、元金だけが返済の対象になるため、今よりも負担を軽減できるのです。

また、任意整理でも状態が改善しない場合は、全体の金額自体を5分の1まで引き下げる個人再生を検討してみてください。

ただ、個人再生をするためには、裁判所の許可が必要になりますので、手続きに時間を要します。

更に、個人再生の場合は財産を失うことはありませんが、収入が安定していなければなりません。

それでも問題が解決しない時は、最終手段となる「自己破産」手続きを行います。

これは、借金自体をチャラにする方法で、自分が持っている資産や財産すべてを失うことになり、自己破産をしていると就けない仕事なども出てくるため、注意しましょう。

まとめ

年利というのは、利息が、1年間で元金の何%になるかを表したものです。

この記事を見ている人の中で、借金をしている人がいるのであれば、一度年利を計算してみてください。

恐らく、

こんなに利息を払っていたのか

と驚愕すると思います。

とはいえ、年利を下げる方法というのはいくつか存在していますので、年利を下げて、返済を楽にしたいと思っている人は、今回紹介した方法を実践してみることをおすすめします。

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる