プロミスのおまとめローンの借り換えは総量規制対象外なの知ってる?

消費者金融は審査も早く即日融資・即日キャッシングが魅力で最短1時間でお金を借りることができます。

今ではスマホのアプリローンで簡単にお金を借りれる時代になり、ついつい色んな金融会社からお金を借りてしまう事もありますよね。そうなると金利が重くのしかかってきますし、各会社の返済金額もまとまると大きな金額になってしまいます。

私も経験ありますが、1社だけなら5千円くらいの返済が2社、3社と増えると頑張って働いた給料がどんどん減っていくんですよね。給料が入ったら返済して、あとはギリギリの生活..。

そんな方におすすめなのが「おまとめローン」です。

三井住友銀行グループのプロミスなら最高300万円まで他社の借金をまとめて1本化してくれる「おまとめローン」を取り扱っています。

プロミスは貸金業者にあたり、総量規制の対象となるので年収の3分の1までしか借りられません。ですが、プロミスおまとめローンは「段階的な返済のための借換え(改正貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2)」の為、総量規制対象外なんです。

そもそも、他社の借金を1つにまとめるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

お金を借りるMAGAZINE

プロミスおまとめローンを利用すると低金利化されて、さらに月々の返済金額が少なくなる可能性高いです。

プロミスおまとめローンのメリット

  • 毎月の返済額が小さくなる可能性がある
  • 1本化すると実質年率が低くなる
  • 金利が低くなれば返済金額が減る場合もある(返済期間を延ばす事も可能です。その分生活は楽になりますが、総額が増える可能性もあります)
  • 他社の借金がすべて0円になるので気持ち的に楽になる

返済期間も最長で10年ですので、毎月の返済が厳しいと感じている方はぜひおまとめローンを検討してみてください。最高限度額は300万円ですが、実質年率も6.3%~17.8%となっています。1本化する金額が大きいほど低金利になる可能性も高くなるので残債を減らしたいのであればプロミスおまとめローンは非常に良心的です。

プロミスおまとめローンの商品内容

融資額300万円まで
借入利率6.3%~17.8% (実質年率)
返済期間最終借入後最長10年(1回~120回)
対象者年齢20歳以上、65歳以下の安定した収入がある方(専業主婦、学生、パート、アルバイト可)
担保・保証人不要
口コミ評価 4.8
  • プロミスおまとめローンの申込は通常のフリーキャッシングに申し込み後、完了メールに記載された専用フリーコールへ電話する事でおまとめローンに申込ができます。

プロミスおまとめローンの申込方法

STEP
プロミスに通常のフリーキャッシングを申し込む

インターネットにはおまとめローンの申し込みページはありませんので、通常のフリーキャッシングを申し込みます。

STEP
プロミスコールで申し込み

申し込み完了メールに記載されている専用フリーダイヤルから申し込み

STEP
契約・審査

契約には本人確認書類と収入証明書を用意する必要があります。

STEP
プロミスが借金を返済

借入先にプロミスが自分の名義で振込みをして支払ってくれます。振り込み手数料は無料です。

目次

プロミスおまとめローンの特徴や利用方法を解説!

何社からもキャッシングしていたりカードローンから借り入れしたりしていて、金利や返済管理に負担を感じている人もいますよね。

そんな人は、プロミスおまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。

今よりも低い金利で借り換えをすれば、負担を軽くできます。

そこで今回は、プロミスおまとめローンの特徴や利用方法などを紹介していきます。

プロミスおまとめローンとは?

何社からもキャッシングしていたりカードローンから借り入れしたりする人が借り入れをプロミスにまとめられるものが、プロミスおまとめローンです。

プロミスおまとめローンを利用できるのは、20歳から65歳までの収入が安定している人です。

安定して収入がある人なら、主婦や学生でも、パートやアルバイトでも利用できます。

利用できるのは他社の無担保ローンだけなので、どこからも借り入れしていないという人は利用できません。

プロミスおまとめローンの返済期間は、最後に借りたあとから最長10年で、返済回数は最大なんと120回です。

返済期間や返済回数は、プロミスと話し合って決めていく形なので、無理のない範囲にしましょう。

プロミスおまとめローンの借入利率(実質年率)は、6.3%〜17.8%です。

借りた金額によって、借入利率は変わっていきます。

法律で定められている上限利率は18%ですが、プロミスでは上限利率17.8%と0.2%も低く設定されていますね。 

たとえば、プロミスおまとめローンで借りた金額が100万円以上だと、金利は年15%以下です。

プロミスおまとめローンで借りられる金額は、300万円までです。

ですが、必ず300万円まで借りられるというわけなく、決められた金額しか借りられません。

プロミスおまとめローンでは、他社からの借り入れなら必ず利用できるというわけではないので、気をつけましょう。

プロミスおまとめローンの対象になるのは、消費者金融かクレジットカードなどによる無担保の借り入れだけです。

銀行のカードローンやクレジットカードでのショッピングは対象外になります。

プロミスおまとめローンの特徴!

プロミスおまとめローンのメリットやデメリットを紹介していきます。

返済日の一括で管理が楽

何社からも借り入れしている人は、返済日や返済額を把握するのは大変かと思います。

プロミスおまとめローンを利用すれば、借り入れ先がプロミスだけになるので返済が楽になります。

低い金利で借り換えられる

プロミスおまとめローンを利用すれば、今借りているローンよりも金利が低くなりますよ。

なぜかというと、プロミスでの借り入れ金額が大きくなることで、利息制限法により、金利が低くなるのです。

10万円以下の借り入れの場合は上限年20%、10万円以上100万円以下の場合は上限18%、100万円以上の場合は上限15%になります。

ですが、プロミスでは100万円以下の借り入れでも上限金利は17.8%に設定されています。

例えば、プロミスから150万円借り入れする場合の上限金利は、15%になります。

借り換えで金利が低くなれば、負担が減るので助かりですよね。

担保・保証人は必要ない

プロミスおまとめローンでは、担保や保証人が不要で利用できます。

プロミスと同じようにおまとめローンを提供している銀行もありますが、金利が低い場合だと担保や保証人の用意をしないといけない場合があります。

担保や保証人を用意できない人には大きなメリットではないでしょうか。

借り入れ先の返済を任せられる

プロミスおまとめローンを利用すると、プロミスが自分の代わりに今までの借り入れ先に返済してくれます。

プロミスに任せていれば完済できるので便利です。

とにかく審査が早い

銀行のおまとめローンは、厳しい審査があり時間がかかることがほとんどです。

ですが、プロミスおまとめローンは審査が早いので、最短で即日に融資を受けられます。

プロミスおまとめローンのデメリットは、これといってありません。

しいていえば、利息分は借りられないという点です。

おまとめローンの対象の無担保ローンだったとしても、元本分のみしか利用できないので、利息分は用意しないといけません。

追加での借り入れもできないので、無担保ローンは前もって整理しておきましょう。

プロミスおまとめローンの利用手続き

プロミスおまとめローンを利用するに必要な手続きを説明していきます。

申し込み方法

プロミスおまとめローンは、自動契約機、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、プロミスコールから申し込めます。

通常の借り入れの場合は、Webから申し込めますが、おまとめローンではWebから申し込めないので気をつけましょう。

自動契約機とプロミスコールを利用できる時間は、9時から21時までです。

ちなみに、土日祝も利用可能です。

お客様サービスプラザを利用できる時間は平日の10時から18時までになります。

自動契約機とお客様サービスプラザの手続きでは、その場で必要書類が発行されます。

そのあと審査があり、審査に通ると契約できます。

プロミスコールで申し込む場合、必要書類は郵送で送られてくるので、必要事項を記入して返送しましょう。

プロミスに書類が届くと審査され、審査に通るとお金を借りられます。

必要な書類

本人確認書類と収入証明書類の2つを用意する必要があります。

本人確認書類は、運転免許証かパスポートです。どちらもない場合は、住民票と健康保険証を用意すれば問題ありません。

収入証明書類は、確定申告、源泉徴収票、所得証明書、税額通知書のそれぞれ新しいものが必要です。

ない場合は、給与証明書の直近2ヵ月分と賞与明細書の直近1年分を用意すれば問題ありません。

プロミスおまとめローンの審査条件

プロミスおまとめローンの審査条件を説明していきます。

利用できるのは、20歳から65歳までの収入が安定している人

そのため、働いていても毎月の収入が安定していない人は審査に落ちる可能性があるので、収入を安定させましょう。

即日融資可能

プロミスおまとめローンは審査が早く、自動契約機とお客様サービスプラザから申し込むと最短即日で融資を受けられます。

即日融資といっても、プロミスおまとめローンの場合は、プロミスが他の借り入れ先に振り込み手続きをして返済してくれる形です。

即日融資を受けたい場合は、銀行営業時間内の14時までに申し込みを済ませましょう。

そうしないと、翌日以降の手続きになってしまいます。

在籍確認の相談可能

消費者金融で借り入れをする場合は、在籍確認があります。

プロミスおまとめローンを利用した場合も、もちろん在籍確認があり、プロミスが職場に在籍確認をします。

在籍確認ではプロミスが会社名を名乗ることはなく、個人名を名乗ってくれるのでプロミスを利用することが職場にバレる心配ありません。

とはいっても心配だし、どうしても職場にバレたくないという人は、プロミスに自分が確実に出れるタイミングで電話をかけてほしいと相談してみましょう。

借り入れ金額が多すぎると審査に落ちることも

消費者金融での無担保ローンは、総量規制により年収の3分の1までと決まっています。

ですが、プロミスおまとめローンは、総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上でも借り入れできます。

とはいっても、収入に対して借り入れ金額が多すぎると、返済が難しいと思われてしまい審査に落ちることがあります。

借り入れ金額が多すぎる場合は、借り入れ残高の少ないものをできるだけ返済していき完済させる対策をしましょう。

まとめ

何社からも借り入れしている場合は、返済の手間がかかるだけではなく大きな負担になってしまいます。

そんな場合は、プロミスおまとめローンを利用すれば返済日を一括でき金利を減らせるので、効率的に完済できます。

何社からも借り入れしている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • プロミスおまとめローンの申込は通常のフリーキャッシングに申し込み後、完了メールに記載された専用フリーコールへ電話する事でおまとめローンに申込ができます。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる