【プロミスで今すぐお金を借りる方法】審査や在籍確認、誰にもバレないおすすめのカードローンの魅力を解説

【プロミスでお金を借りる方法】審査や在籍確認、誰にもバレないおすすめのカードローンの魅力を解説

三井住友銀行グループのプロミスは大手消費者金融の中でも特に人気で、2020年オリコン顧客度満足度調査1位を獲得しています。(ノンバンクカードローン部門1位)

顧客満足度が高いプロミスのカードローンですが、人気の要因を解説していきたいと思います。

プロミスの人気カードローンの魅力
  • ネット完結だから面倒な書類手続きがない
  • 即日融資で最短1時間、
  • 入出金もラクラクのアプリローン
  • 30日間まるごと無利息期間あり
  • カードレスの利用で郵送物も来店もなし
  • モアタイムシステム参加だから即日振込、即日入金反映
  • 女性専用ダイヤルであんしん
  • 即振込キャッシング(瞬フリ)で最短10秒振込
  • セブン銀行ATM、ローソンATM、Ent(イーネット)、ゆうちょ銀行などの提携ATM、金融機関が多い

プロミスの最大の特徴は融資スピードと契約がネット完結できるところです。プロミスの公式アプリも充実していて、スマホだけで借入れ、返済もでき利用限度額の増加申込やお得なクーポン、必要書類のアップロード、返済日や利用状況の確認など管理も簡単です。

30日間まるごと利息0円で利用できるのですごくお得。50万円かの場合は収入証明書類は必要なく、振込キャッシングで三井住友VISAプリペイドに即入金が可能です。

銀行にはない魅力やお得なサービスが盛り沢山ですので、今すぐお金借りたい方におすすめのカードローンです。

フリーキャッシングの借入条件

融資額500万円まで
借入利率4.5%~17.8% (実質年率)
対象者年齢20歳以上、65歳以下の安定した収入がある方(専業主婦、学生、パート、アルバイト可)
担保・保証人不要
土日祝夜間即振込反映
アプリATM対応
カードレス利用可能
口コミ評価 4.8

\24時間・土日も振込可能 /

目次

プロミスカードローンの魅力や利用方法などを解説!

プロミスを利用する大きなメリットはカードレスキャッシングではないでしょうか。

スマートフォンから申し込むとなんと手続きは最短15秒で完了。

カード発行したりお店に行ったりしなくてもいいので手間が省けます。

最短30分でお金を借りられるなら急いでいるときも安心ですよね。

どこの消費者金融でお金を借りる迷っているならプロミスがオススメです。

そこで今回は、プロミスのカードローンについてくわしく説明していきます。

プロミスカードローンとは?

プロミスは有名な消費者金融で、SMBCコンシューマーファイナンスが運営しています。

プロミスカードローンには、フリーキャッシング、目的ローン、自営者カードローン、貸金業法に基づくおまとめローンの4つがあります。

この中のメインであるフリーキャッシングにについてまとめてみました。

金利4.5%〜17.8%
限度額最大500万円
申し込み条件20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
審査時間最短15秒
口座開設不要
担保・保証人不要
お試し診断あり
融資最短30分
ネット申込スマートフォンから申し込めるのは、9時から21時まで。
※申し込める時間帯は利用する銀行によって、違う場合があります。融資の上限額は50万円まで。

プロミスのメリットは、カードレスで利用できるのと返済方法の豊富さです。

スマートフォンから申し込むとなんと最短15秒で手続き完了で、最短30分でお金を借りられるので嬉しいですよね。

さらに、カードレスを利用すればローンカードを受け取らなくてもいいので便利です。

融資を受けることを家族に知られたくない人には大きなメリットといえます。

プロミスのフリーキャッシングは、返済方法が7種類もあるので便利です。

返済方法の豊富さは、他のカードローン会社の中でもトップクラスでしょう。

プロミスのフリーキャッシングは魅力的なところがたくさんあるので、人気があります。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスフリーキャッシングの特徴

プロミスにはどんな特徴があるのかまとめてみました。

  • 手続き最短15秒で即日融資可能
  • いろいろな申込方法
  • インターネット上で契約できる
  • 30日間の無利息サービスあり
    (※このサービスを利用するには、メールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要。)
  • 三井住友銀行ATMをなら手数料無料
  • 運営会社が信頼できる

今すぐお金が必要な人や初めてお金を借りるから不安という人にピッタリのカードローンです。

プロミスの借り入れ方法は、インターネットや電話から口座振込、店頭窓口、プロミスATM、提携ATMです。

借り入れするときは、カードレスを選べばローンカードを発行せずに利用できます。

そのため、融資は振り込みのみになります。

この他にも下記の注意点があるので気をつけましょう。

  • 会員カードの暗証番号管理
  • Web-ID発行時に設定したパスワード管理
  • 会員サービスが中止になる可能性がある
  • メールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要

プロミスフリーキャッシングのメリット・デメリット

プロミスカードローンのメリットやデメリットを説明していきます。

メリット

メリットは、早くお金が借りられることとと無利息期間です。

融資は最短30分で、無利息期間の開始日は初回利用日の翌日からです。

無利息期間の開始日が自分のタイミング次第というのはいいですよね。

デメリット

デメリットは、金利の高さでしょう。

金利が高いので長期返済には向きません。

ですが、金利が高いというのはプロミスフリーキャッシングだけではなく、消費者金融全体のデメリットといえます。

この他のデメリットでは、提携ATMの利用には手数料がかかるということです。

ですが、三井住友銀行ATMなら手数料無料です。

急いでお金を引き出したいというときは忘れがちになりますが、提携ATMの利用には手数料がかかるので気をつけましょう。

総量規制の対象なので、年収の3分の1までしか借り入れできません。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスを利用している人は?

メリットやデメリットを説明しましたが、プロミスのフリーキャッシングは一体どんな人が利用しているのか気になりますよね。

プロミスを利用している人は、早くお金を借りたい人や無利息期間サービスを利用している人です。

三井住友銀行ATMを利用している人にもオススメです。

利息を節約したい人や長期返済を考えている人は利用を控えているのではないでしょうか。

プロミスは学生も利用しています。

20歳以上で収入がある学生なら利用できるのはいいですね。

ですが、学生だとどうしても年収が低くなってしまうので、返済能力が低いと思われてしまい利用限度額が少なくなるようです。

利用限度額が少なくても金利は高くなってしまうので、気をつけましょう。

プロミスと他の消費者金融を比較!

プロミスをアコム、アイフル、SMBCモビットと比較してみました。

まずは、実質年率(金利)と限度額を表にまとめてみました。

消費者金融実質年率(金利)限度額
プロミス4.5%〜17.8%最大500万円
アコム3.0%〜18.0%最大800万円
アイフル3.0%〜18.0%最大800万円
SMBCモビット3.0%〜18.0%最大800万円

比較した結果、上限金利が1番低いのはプロミスだとわかりました。

上限金利を考えると、初めてお金を借りる人や少しだけお金を借りたい人にはオススメです。

次は、返済に関する項目を表でまとめてみました。

カードローン最低返済額(毎月)提携ATM手数料
プロミス1,000円※一定の割合をかけて計算三井住友銀行ATMは無料
その他:1万円以下の取引1回110円1万円以上の取引1回220円
アコム1,000円※一定の割合をかけて計算1万円以下の取引1回110円1万円以上の取引1回220円
アイフル4,000円1万円以下の取引1回110円1万円以上の取引1回220円
SMBCモビット4,000円提携先によって手数料あり
※上記は消費税10%込みの料金

比較した結果、毎月の最低返済額は、プロミスが1番低いということがわかりました。

ATM手数料は三井住友銀行を利用すれば無料というのも魅力的ですね。

他の消費者金融にはない特徴です。

少しでも損をしたくないという人には、プロミスの三井住友銀行ATM利用がオススメです。

比較してみると、プロミスが人気の利用がわかりますね。

無利息期間は4社とも提供しているサービスです。

ある条件をクリアして決められた期間内に返済をすれば、金利が0円になります。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスの手続きで必要な書類や利用方法

プロミスでの手続きで必要な書類や流れをまとめてみました。

必要な書類

運転免許証(運転免許証を持っていない場合は、パスポートか健康保険証)

  • 来店して手続きする場合は+住民票
  • 現住所と書類に書かれている住所が違う場合は、併せて公共料金の領収書などが必要
  • 外国籍の方は、在留カードか特別永住者証明書(法令によって有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)
  • 被保険者記号・番号、保険者番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出
  • 借り入れ総額によっては収入証明書が必要(源泉徴収、確定申告、給与明細書直近2ヶ月+1年分の賞与明細など)
  • 個人事業主の方は確定申告書(写し)が必要

利用方法

利用方法は最短で借りられるカードレスキャッシングと無人契約機でローンカードを即日発行する方法を説明していきます。

どちらも早ければ即日融資を受けられます。

ですが、ローンカードを発行する場合は、家族に知られてしまう可能性があるので注意が必要です。

最初の契約でカードレスを選んでも、あとからローンカードを発行することはできるので、好きな方を選びましょう。

カードレスの利用方法

①プロミスの公式サイトからフリーキャッシングを申し込み審査

②必要書類をスマートフォンで撮影してアップロードする

③契約完了後融資の実施

ローンカード発行での利用方法

①プロミスの公式サイトからフリーキャッシングを申し込み審査

②必要書類を持って最寄りの無人契約機に行く

③手続きを済ませローンカードを発行

④契約完了後融資の実施

店舗に行く必要がないカードレスキャッシングなら早く融資を受けられますよ。

融資の審査では在籍確認で職場に電話される場合があります。

在籍確認はプロミス担当者の名前で電話がかかってくるので安心です。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスの魅力的な特典!

プロミスの申し込み方法はいくつかありますが、どの方法で申し込んでも特典が受けられます。

どんな特典があるのか紹介していきます。

30日間無利息キャッシング

初めて借り入れした翌日から30日間は無利息になります。

アコムも30日間無利息ですが、アコムは契約した翌日から30日間です。

プロミスは初めて借り入れした翌日から30日間なので、アコムよりも長くなるでしょう。

三井住友VISAプリペイドカード2,000円分プレゼント

三井住友VISAプリペイドカードは、クレジットカードのように使える便利なカードです。

2,000円分ももらえるなんて嬉しいですよね。

ポイントサービス

利用状況によってポイントが貯まっていき、提携ATM手数料の無料や無利息キャッシングなど特典が受けられます。

入会するとすぐに100ポイントもらえます。

おとくらぶ

おとくらぶは、ホテルやレストラン、カラオケなど割引が受けられるサービスです。

このサービスは、初めてプロミスを利用する人だけでなく、プロミスを利用している人なら誰でも利用できます。

おとくらぶを利用するには、手続きが必要なので、事前に登録しておきましょう。

こんなにいろいろな特典があるのは魅力的ですよね。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスの審査

プロミスの審査や通りやすくするための方法などを説明していきます。

審査の流れをまとめてみました。

①好きな方法で申し込む

②審査

③在籍確認

④審査結果

⑤必要書類を提出し手続き

融資実施

審査の中で重要なのは在籍確認です。

在籍確認では、もし確認が取れなかったら審査に通れません。

プロミスフリーキャッシングの審査を通りやすくする方法は、書類に不備がないかしっかり確認しておくことです。

運転免許証や健康保険証の有効期限が切れていないか確認しておきましょう。

もし書類に不備があり再提出ができない場合は、審査に通れないので注意が必要です。

審査に落ちてしまった場合

もし審査に落ちてしまった場合は、他の消費者金融に申し込むか時間をあけてからもう一度プロミスに申し込みましょう。

もしプロミスの審査に落ちてしまっても、審査基準は消費者金融によって違うので通る可能性があります。

銀行カードローンは上限金利が低いようですが、審査基準が厳しくなるので消費者金融の方がオススメです。

どうしてもプロミスがいいという人は、時間をあけてからもう一度プロミスに申し込みましょう。

再度申し込む場合は、信用情報が大切なので、クレジットカードやローンなどの支払いが遅れないようにしてください。

他社から借り入れしている場合は、返済負担が増えてしまうので、返済能力が低いと思われてしまいます。

そうなると審査に通りにくくなってしまうのでよくありません。

他社からの借り入れを減らしたり少しでも収入を上げたりすると審査に通りやすくなるでしょう。

審査に通りやすくするためには、信用情報を開示請求するのもオススメです。

信用情報はネットで開示請求すれば見られます。

CICなら1,000円で見られます。

1,000円で審査に落ちた理由がわかるかもしれないなら安いでしょう。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスの返済方法は7種類

プロミスは返済方法が7種類もあるので、自由にえらべます。

返済方法はこちらです。

①インターネット返済

②口座自動引き落とし

③お客さまサービスプラザ(店頭窓口)

④コンビニのメディア端末(Famiポート)

⑤プロミスATM

⑥提携ATM

⑦銀行振込

※①〜⑤は手数料無料です。

プロミスでは、返済日前に一括返済もできます。

利息は日数計算方式です。

例えば、10万円を借りて30日後に一括返済する場合は、101,463円になります。

この場合の利息の計算方法は、借り入れ金額✕借り入れ利率÷365✕日数です。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスで増額する場合

プロミス増額する場合の審査は、通るのが難しいといわれています。

審査に落ちた場合は、限度額が下がることもあるそうです。

それでも増額したいという人もいますよね。

そんな人のために、プロミスで増額する方法を説明していきます。

増額する場合のポイントは、信用情報機関とプロミスからの電話です。

増額の申請方法は大きく分けて、増額候補者に選ばれる方法と自分から増額を申請する方法の2つがあります。

増額候補者に選ばれる

プロミスから増額しませんかとメールや電話がくることがあります。

プロミスでは、一定の基準を満たした人に増額の案内をしています。

案内がきたときに増額の申請をすると、審査に通る可能性が高いので申請してみてください。

増額の審査に落ちたとしても、限度額が減ったり利用停止になったりすることはないでしょう。

自分から増額を申請する

自分から増額を申請する場合は、増額案内が来たときに申請する場合と比べると、審査に通る可能性が低いようです。

増額は電話やインターネットから申請できます。

審査の結果は最短で当日にわかります。

時間がかかる場合もあるので、余裕をもって申請しましょう。

プロミスは、信用情報機関から申請者のクレジットカード履歴の情報を調べられます。

信用情報によってら、限度額が減ったり新規貸出が停止したりする場合があるので、増額申請は慎重にしましょう。

増額審査で必要な書類

増額審査のときに必要な書類はあまりありません。

ですが、利用限度額が50万円以上の場合や希望の利用限度額と他社での借り入れ残高の合計が100万円以上の場合は、収入証明書が必要です。

収入証明書は、源泉徴収票(最新)か確定申告書(最新)か給与明細書(直近2ヶ月分) + 1年分の賞与明細書(あれば)が必要です。

賞与明細書がない場合は給与明細書(直近2ヶ月)

利用限度額を増やすためにしっかり用意しておきましょう。

増額審査の流れ

増額審査の流れを説明していきます。

①プロミスの限度額変更のお手続きから希望限度額と希望連絡先電話番号をプロミスに通知

②プロミスで仮審査

③平日9時~18時なら、当日中にプロミスから電話がかかってきて、職場や収入、使い道などを聞かれる

④本審査

⑤電話で結果

プロミスの増額審査は、他の消費者金融と比べると厳しいイメージがありますね。

増額審査ではリスクがあるので、申請するかどうか慎重に考えましょう。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスのよくある質問

よくある質問で不安や疑問が解消されればプロミスを利用しやすくなるのではないでしょうか。

プロミスのよくある質問をいくつか紹介していきます。

プロミスの解約はどうするの?

プロミスの解約方法は、プロミスコールに電話する方法とお客様サービスプラザ(店頭窓口)に行く方法があります。

プロミスコールに電話をする場合

①プロミスコールで解約を申し込む(0120-24-0365)

②登録住所に解約申込書が届く

③解約申込書に記入し、ハサミで切ったカードを同封し返送

④登録住所に解約証明書が届けば解約完了

電話で解約すれば、店頭に行く手間がはぶけます。

解約証明書が必要ない場合は、事前に伝えましょう。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)に行く場合

①店頭で解約したいと伝える

②身分証明書を提示

③解約申込書に記入する

④カードを返せば解約完了

店頭で解約手続きすれば、1回で手続きを済ませられます。

解約手続きをする場合は、いくつか注意点があります。

土日は解約できませんし、解約後に再契約できるかどうかは審査結果次第です。

解約しても信用情報に影響はありません。

注意点だけではなく、デメリットもあります。

デメリットはポイント失効で会員サービスが受けられなくなることと再契約したい場合にまた審査を受ける必要があることです。

利用中に貯まったポイントは失効してしまうので、おとくらぶのサービスは利用できません。

再契約したい場合は、再度審査が必要ですし、また審査に通るとは限りません。

ですが、解約することで、クレジットカードの審査が通りやすくなるというメリットもあります。

解約はよく考えてから申し込みましょう。

利用停止になった場合は?

利用限度額の上限まで利用していなくても借りられなくなることがあります。

それは、プロミスが利用停止の措置をしたからです。

プロミスが利用停止の措置をするときは、いろいろな理由があります。

利用停止になる理由はこちらです。

  • 規約違反か債務不履行があったとき
  • 金銭消費貸借契約にもとづく借り入れをしたとき
  • 当社と他の極度借入基本契約を締結したとき
  • 信用状況に関する審査でプロミス側が相当と認めたとき
  • 利用者が満70歳になったとき

本来なら契約が成立日から5年間は契約期間中になります。

ですが、紹介した利用停止の理由に当てはまる場合は、契約期間中でも利用停止になってしまいます。

プロミスを利用して3年経つと収入証明の再提出が必要です。

再提出のときに、最初の審査のときから収入が減っていると、利用停止になる可能性があります。

プロミスからしたら、貸したお金が戻ってこないのは1番困るでしょう。

そのため、少しでも返済能力に不安があると思われると新たな借り入れの利用が停止されます。

もし、急に利用停止になってしまっても、ずっと利用できないというわけではありません。

ある条件にクリアするとまた利用できるようになります。

その上限はこちらです。

  • 限度額まで借りている場合は返済する
  • 滞納している場合はすぐに返済する
  • 収入が減った場合は、収入を増やして所得証明を提出する

条件にクリアしたとしても、再利用できるまでには時間がかかります。

急にお金が必要になった場合は、他の消費者金融の利用を考えましょう。

女性専用の商品はある?

プロミスには、女性だけが利用できるレディースキャッシングがあります。

気軽に利用できるようになっているので、消費者金融に抵抗がある人にもオススメです。

フリーキャッシングと違う点は、女性だけが利用できるということと、専用対応電話窓口があることです。

電話窓口のオペレーターが女性だけという特徴もあります。

重要項目は、フリーキャッシングと同じです。

  • 金利(実質年率4.5%~17.8%)
  • 限度額(最大500万円)
  • 対象年齢(20歳〜69歳)
  • パートやアルバイトOK
  • 在籍確認
  • 30日間無利息サービス
  • 遅延損害金の利率(実質年率20.0%)

このように、レディースキャッシングの内容、フリーキャッシングと変わりません。

もちろん、女性専用といっても、審査が甘くなることはなく、審査基準も同じです。

収入のない専業主婦の人は申し込めません。

ですが、男性と話すのが苦手な人にとっては、レディースキャッシングは嬉しいサービスですね。

おまとめローンはある?

プロミスは、おまとめローンもあります。

おまとめローンは、総量規制の例外になるので、年収の3分の1以上借りている場合でも利用できます。

複数の業者から借りている場合は、カードローンの契約をまとめることで、返済期間が短くなったり利息がへったりするメリットがある場合があります。

審査の回答は、申し込んだ当日か翌日になります。

複数の業者から借りていて、返済金額が多くて辛いと思っている人は、返済シミュレーションをしてみましょう。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスの会員特典

プロミスは会員特典が充実しています。

プロミスの会員特典はこちらです。

  • ポイントサービス
  • 瞬フリ(振込キャッシング)
  • 4人
  • おとくらぶ
  • インターネット返済
  • 返済日お知らせメール

会員特典これほど充実している消費者金融は他にないでしょう。

借り入れ方法や金利に差がなく、どこの消費者金融を利用しようか迷っているなら会員特典で選んでみるのもオススメです。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスと銀行カードローンを比較

プロミスフリーキャッシングと銀行カードローンはどっちが得なんだろうと悩やんでいる人もいるでしょう。

それぞれにメリットがありますが、プロミスフリーキャッシングと銀行カードローンを比較してみました。

カードローン金利契約極度額審査スピード
プロミス4.5%〜17.8%最大500万円最短15秒
みずほ銀行年2.0%〜14.0%※1最大800万円
三井住友銀行年4.0%〜14.5%10万円〜800万円
三菱UFJ 銀行1.8%〜14.6%最大500万円最短翌日以降
りそな銀行3.5%〜13.5%(変動)最大800万円
楽天銀行年0.95%〜7.25%※2最大800万円最短翌日
イオン銀行3.8%〜13.8%最大800万円
  • 1.住宅ローンを利用する場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げになり、適応後は年1.5%〜13.5%です。
  • 2.金利50%オフキャンペーン適用条件と期間
申込期間

2021年2月24日(水)13時から2021年4月26日(月)12時59分まで

入会期間

2021年2月25日(木)から 2021年5月17日(月)まで

金利50%オフ適用期間

2021年2月25日(木)から 2021年5月17日(月)まで

比較した結果、プロミスフリーキャッシングの大きなメリットは審査スピードの早さでしょう。

審査時間は最短15秒で、さらにカードレスキャッシングが利用できるので、スムーズに融資を受けられます。

ちなみに、銀行カードローンでは、2018年1月から即日審査や即日融資は受けられません。

即日審査や即日融資が可能なのは、消費者金融だけということになります。

さらに、カードレスキャッシングは、銀行カードローンにはない特徴なので、プロミスフリーキャッシングはオススメです。

次は返済に関する項目を比べてみました。

カードローン口座開設毎月の最低返済額提携ATM利用料
プロミス不要1,000円
(残高に一定の割合をかけて計算)
三井住友銀行ATMは無料
その他
1万円以下の取引1回110円
1万円以上の取引1回220円
みずほ銀行必須2,000円原則有料110円から220円
三井住友銀行不要2,000円原則無料
三菱UFJ 銀行不要1,000円無料
りそな銀行必須10,000円有料110円から220円
楽天銀行不要2,000円無料
イオン銀行不要1,000円イオン銀行ATM無料コンビニATM無料
※上記手数料は消費税10%込みの料金

プロミスの毎月最低返済額は、三菱UFJ 銀行やイオン銀行のカードローンと同じ1,000円です。

毎月の負担をできるだけ抑えたい人にはオススメです。

ですが、長期返済の場合は利息が多くなり、損をしてしまうことがあるので気をつけましょう。

\24時間・土日も振込可能 /

まとめ

プロミスのフリーキャッシングは、便利でいろいろなメリットがあるカードローンなのでオススメです。

銀行カードローンの過剰融資が問題になっていますが、消費者金融の貸付対象は年収の3分の1なので計画的に利用すれば借金で困ることは少ないでしょう。

プロミスのような消費者金融のカードローンは、金利が高めなので、短期返済向きといえます。

そのため、長期返済を考えている人は、銀行カードローンのメリット・デメリットを確認していろいろ検討してみましょう。

カードローンを利用するとは、しっかり返済計画立てることが大切です。

\24時間・土日も振込可能 /

プロミスの口コミ

どうしてもお金が必要になっても、カードローンを適当に選ぶわけにはいきませんよね。

「できるだけ早くにお金が必要だけど融資を受けられなかったらどうしよう」

「利息が思ったよりも多くて返せなくなったらどうしよう」

などいろいろ不安を感じることがあるかと思います。

そんな不安を少しでも解消するため、プロミスの口コミを紹介していきます。

「プロミスの印象が良くて利用することにしました。審査や融資までの時間は3時間以内と早かったです。困っているときに助けられました。」
40代・男性

「プロミスの広告を見つけて興味を持ちました。電話対応がよくて、最後まで安心してやり取りできました。」
50代・女性

「CMや店舗をよく見かけることがあって、親しみを感じました。融資の手続きやかかる時間が早いと聞いたので利用してみました。ネットで手続きできるが便利で良かったです。」
30代・男性

「お金が必要になって、メルマガ経由で手続きしました。手続きは簡単で対応が早かったです。ほぼ24時間対応している点もいいですね。」
40代・男性

「申し込みの方法がわかりやすくて良かったです。簡単に借りられました。できるだけ早く返そうと思います。」
60代・男性

このように、プロミスは高評価の口コミが多いようですね。

とはいっても、 全員が満足できるカードローンというものはありません。

だからこそ、自分に合ったカードローンを利用することが大切です

後悔しないためにも、自分に合ったカードローンかどうかしっかり考えましょう。

\24時間・土日も振込可能 /

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる