【三井住友銀行のカードローンでお金を借りる方法】口コミ評判を元に審査や在籍確認について徹底解説

銀行の中でも主要3社にはいるメガバンク「三井住友銀行」にもカードローンがあります。メガバンクならではの安心の金利で、金利幅は1.5%~14.5%で利用できるので消費者金融と比べて上限金利が低めのカードローンです。

メガバンクである三井住友銀行は敷居が高く、お堅いイメージがあるかもしれませんが20歳以上の定期的かつ安定的な収入があれば申し込みは可能です。

三井住友銀行のカードローンを利用するメリットはたくさんあります。

メガバンクだと来店して契約かと思いがちですが、三井住友銀行のカードローンはインターネットで申し込みができます。三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくてもすぐに申し込みができるので急いでいる方にも魅力的です。必要書類はネット上でアップロードできるので面倒な郵送などもありません。

毎月の返済額は2000円から(※1)ですので他の銀行カードローンと比べると低めの設定となっています。無理のない返済ペースを保てるのでとても良心的です。

  • 1.毎月のご返済は返済時点のお借入れ残高によって約定返済金額が設定されます。
三井住友銀行のカードローンおすすめポイント
  • 三井住友銀行の口座がなくても申し込みができる
  • 24時間365日ネットで申し込み、WEBから必要書類を提出できるので来店不要
  • 担保・保証人不要
  • 全国の三井住友銀行の提携コンビニATMで借入、返済可能。何度利用しても手数料は0円
  • 月々の返済は2000円からなので負担が少ない※1
  • 限度額は10万円~800万円
  • 返済日も5日、15日、25日、月末で選択可能。臨時返済やサポートも充実
  • 1.毎月のご返済は返済時点のお借入れ残高によって約定返済金額が設定されます。

商品詳細

借入利率融資額年齢担保・保証人
年1.5%〜14.5%10〜800万円
満20歳以上69歳以下不要
口座開設提携ATM手数料融資時間目安返済日選択
申込時は不要0円(※1※最短翌営業日(※24つから選択可
  • 1.全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATMは手数料無料
  • 2.申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

\銀行金利のカードローン/

目次

三井住友銀行のカードローンを申し込む前に知っておくべき事

これから三井住友銀行のカードローンを申し込む前に、知っておくと便利な情報をまとめてましたので参考にしてみてください。

  • 三井住友銀行 カードローンを申し込める条件
  • 申し込みに必要な書類
  • 申し込みから利用までの流れ
  • カードローンの審査
  • 在籍確認について
  • 金利や返済について
  • 利用してみた感想と注意点

三井住友銀行のカードローンは誰でも申し込みできる?

三井住友銀行のカードローンに申し込みできる条件は以下のすべてを満たす方になります。

申し込みできる条件
  • 満20歳以上、満69歳以下の方
  • 原則安定した収入の方
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
  • 事業性資金以外に利用できる方

※お申込は本人のみ

20歳以上69歳以下で安定した収入があれば申し込みはできますが、その他にもSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となりますので保証会社の審査に通過できる方、事業性資金に利用しない方が対象となります。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は大手消費者金融プロミスが保証するため、担保なし、保証人なしでお金を借りる事ができるわけですね。

気を付けてほしいのは保証会社の審査は信用情報を必ず閲覧します。過去に債務整理や延滞があり事故情報があるとここで審査に落ちてしまう可能性が極めて高いです。もし、自分の信用情報が気になる方は下記の信用情報機関で開示請求を行ってみましょう。

信用情報機関
  • CIC(https://www.cic.co.jp/)
  • JICC(https://jicc.co.jp/)
  • 全国銀行協会(https://www.zenginkyo.or.jp/)

申し込みに必要な書類

三井住友銀行のカードローンは現住所が確認出来る本人確認書類2点を提出するだけで契約ができるようになっています。

本人確認書類いずれかを提出
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

ただし、50万円を超える申し込みには年収を確認できる書類も必要になってきますので注意が必要です。

年収が確認できる書類いずれかを提出
  • 源泉徴収票
  • 税額通知表
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

書類の提出は書類アップロードサービスを利用する

昔は郵送のやり取りが一般的でしたが現在は三井住友銀行のカードローン ホームページからPCやスマートフォンで直接書類を提出する事ができます。

お金を借りるMAGAZINE

いつでも24時間WEBで申し込みができて書類もホームページ上でアップロードする事ができます。郵送のやり取りがない分、時間をかけることなくスムーズに審査してもらえるのでとても便利に申し込みできるようになりました。近くにローン契約機があれば直接原本を持参して申し込む方法もあります。

\銀行金利のカードローン/

三井住友銀行 カードローンの申し込みと契約まで流れ

申し込みから契約までの流れを解説します。

STEP
三井住友銀行のカードローンに申し込む

公式ホームページから新規申込ボタンを押して必要事項を入力する。

STEP
本人確認書類をアップロードして審査を開始する

ホームページの書類アップロードサービスでスマホやカメラで撮った写真を提出する。

STEP
審査完了の連絡

電話またはメールアドレスに審査結果の連絡があります。

STEP
カードを受け取る

三井住友銀行の普通預金口座を持っていてキャッシュカードを持っている人はそのまま銀行やATMでお金を借りる事ができます。三井住友銀行の普通預金口座を持っていない人は郵送かローン契約機からローン専用カードを受け取った後に利用可能となります。

三井住友銀行のカードローンに申し込む

三井住友銀行のカードローンを申し込む方法は実は3つあります。

  • 初心者の方でもわかりやすい公式ホームページから申し込む方法
  • カードローンプラザへ電話して申し込む方法
  • ローン契約機から申し込む方法

一番簡単なのはホームページから申し込む方法です。

電話して申し込む方法は24時間対応していませんし、ローン契約機は近場にあればまだいいですが、来店しないといけないというデメリットがあります。なお、ローン契約機で申し込めばその場でカード発行されます。ただしローンカードが使用できるのは審査通過後になります。

ホームページから申し込む方法が一番手間もなく簡単です。

三井住友銀行の普通預金口座を持っている方はお持ちのキャッシュカードをローンカード兼用に利用する事ができる為、カードが郵送で送られてくる時間を省くことができます。

本人確認書類をアップロードし、審査してもらう

本人確認書類は郵送する必要なく、スマホやカメラで身分証明書を撮って三井住友銀行のホームページにある書類アップロードサービスでアップロードします。

審査結果は最短翌営業日ですが、名前や電話番号、メールアドレスの記入ミスで審査が長引く人もいますので、間違いのない様に注意しましょう。電話番号とメールアドレス両方を間違えると審査結果どころか連絡が途絶えてしまいます。

また、撮影する時にも注意が必要です。

アップロードで審査が長引く要因
  • 写真にピントがあっていない
  • フラッシュで反射して見えづらい
  • 写真が小さく余白が大きい
  • 身分証明書の全体が移っていない

何度も写真を取り直してそのたびに審査(※最短翌営業日)ですので撮影するときも十分に注意しましょう。

  • 1.申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

審査結果の連絡が届く

電話かメールアドレスで審査の結果が届きます。審査担当者より金利や限度額の説明や返済日などの打ち合わせ等がある場合があります。お金を借りる希望額はあくまで希望ですので金額は三井住友銀行 カードローン側の審査基準で金額が決定します。

仮に10万円の限度額を希望しているのにステータスが高い場合は「100万円の枠を利用する事ができますがどうしますか?」と契約時に営業される場合もあります。これは自由ですので本人の都合で答えても問題ありません。もちろん使ってて希望枠が少ない場合はいつでも増枠申請する事が可能です。

契約手続き後、カードを受け取り利用する

三井住友銀行の普通預金口座を持っている方はお持ちのキャッシュカードにローンカード機能が追加されるので郵送なしでそのまま利用する事が可能です。口座を持っていない場合は、郵送かローン契約機でカードを受け取ります。

カードローンの借入方法
  • ATMでの借り入れ
  • インターネットで借り入れ(振込)
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)・お電話でのお借り入れ
  • 自動融資(バックアップ)でのカードローン お借り入れ

この中で一番利用しやすいのがATMで、直接現金を引き出しての借り入れです。

全国の三井住友銀行提携ATMはもちろん、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、ゆうちょATMでお金を借りる事ができます。ATMの利用手数料、時間外でも手数料は無料です!

対応ATMローン専用カード普通預金キャッシュカード
全国の三井住友銀行提携ATM
コンビニATM
ゆうちょATM×
提携金融機関ATM(※)×
  • 提携金融機関のATMをご利用の場合は、提携金融機関所定のATM利用 手数料・時間外手数料がかかります。また提携金融機関のATMをご利用 の場合は、一部のお取引がご利用いただけない場合があります。

三井住友銀行のカードローンは振込でもお金を借りる事ができます。三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても専用の契約ページにログインする事ができますので、他行の本人名義口座へ振り込み依頼をしてお金を借りる事も可能です。

\銀行金利のカードローン/

三井住友銀行 カードローンのまとめ

ここまで三井住友銀行 カードローンの特徴を解説してきました。

メガバンクですのでお堅いイメージがあると思いがちですが、申し込みからローンカード発行まで銀行の中でもかなり対応も審査もスムーズに行う事ができました。

  • 申し込み内容や本人確認書類提出状況によって異なります。

なんといってもメガバンクならではの安心金利とATM手数料無料、月々の返済額も2000円から(※1)なのでとても魅力があるカードローンだと思います。

  • 1.毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます

\銀行金利のカードローン/

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる