お知らせ!2021年お金借りるアプリ特集!詳しくはこちら
お金借りるアプリ
キャッシング・カードローン絞り込み検索

借入れ希望額

特徴

過去5年以内に債務整理歴

過去5年以内に債務整理歴

金融機関

過去5年以内に債務整理歴

過去5年以内に債務整理歴

該当する金融機関はありません。

created by Takoyan

「給料日までピンチ…」「スマホ代・公共料金が払えない…」

急な出費・使いすぎで困ったこと、誰しもありますよね。

お金は必要だけど、誰にも迷惑を掛けたくないし…、お金で困っていると知られたくないし…、そんなお金のピンチを救ってくれる味方が「カードローン」なのです。

実は、社会人になってからお金を借りた人の理由の多くは、「生活費の工面」であり、お金を借りた先も「カードローン・消費者金融」が第一位になっています。

意外と皆さん、生活費に困ってカードローンを活用したりと、身近な存在なんですね。

【社会人になってからお金を借りた理由】

【どこからお金を借りた?】

※画像出典:「PR TIMES「社会人になってからお金を借りた理由ランキング!男女500人アンケート調査」より」

一方で、カードローンと聞いても「どのような仕組みなのか?」「審査の内容はどうなっているのか?」「金利はどれくらい?」「借りる際の注意点とは?」「信頼できる借入先はどこ?」などなど、初めて借りる際には色々な疑問や不安があると思います。

そんな初めての借入でお悩みの方へ向けて、元々金融業界にいた管理人※が初めての方でも安心して利用できるおすすめのサービスを、プロの視点から徹底的に解説します!

  • FP資格&貸金業務取扱主任者を保有
  • 貸金業務取扱主任者:国家資格、貸金業の事務所内で助言・指導を行える資格

各カードローンの審査項目や申し込み手順まで分かりやすく解説していますので、自分に合う「おすすめカードローン」を選んで、損しない借入を行いましょう!

お金借りるアプリ」を今すぐ知りたい方は、記事の下部に一覧がありますので、そちらから詳細をご覧ください。

「何から始めればいいの?」という方は、下記記事の中から自分にあう記事を一読し、借入のメリット・デメリットを知ってから、おすすめのカードローンサービスを探してみましょう。

【今すぐお金を借りたい方に読んでほしい記事】

・【今すぐお金借りたい方】お金を借りる方法や最適なお金の借り方を解説

【未成年だけどお金を借りたい方に読んでほしい記事】

・「18歳や19歳の未成年でも今すぐお金を貸してくれる?学生、高校生のお金を借りる方法」

【銀行からお金を借りたい方に読んでほしい記事】

・「銀行でお金を借りる方法・メリット/デメリットまとめ」

【消費者金融からお金を借りたい方に読んでほしい記事】

・「消費者金融でお金を借りる方法・メリット/デメリットまとめ」

人気のおすすめカードローン

今すぐお金を借りたいけど、どこに申し込んだら良いかわからない方は下記の特徴やサービスから自分にあったカードローンをチェックしてみましょう。

消費者金融でお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りる

お金を借りるアプリ!スマホですぐに現金を借りられるのはどこ?

お金を借りる方法にはカードローンやクレジットカードのキャッシング等がありますが、「店舗に行って手続きするのが面倒」「緊急で今すぐにお金が必要になった」という方も多いですよね。

そんな方におすすめなのがお金を借りるアプリです。

お金借りるアプリとは?

スマホだけで融資手続きが完了するアプリローン

スマホアプリを使ってお金を借りる方法で次世代ならではのお金を借りる方法だと思います。

大手消費者金融や銀行にはiPhoneやandroid向けのスマートフォンアプリを提供していて、スマホアプリだけでお金を借りる事ができるので「キャッシングアプリ」「カードローンアプリ」などと言われています。

お金借りるアプリ編集部

このサイトでは面倒な手続きが不要でネット上で融資できる今すぐお金を借りれるキャッシングアプリポイントが貯まるお得なアプリを紹介しています。

今すぐにお金を借りる事ができる消費者金融の少額融資アプリ

消費者金融でもネット上でお金を借りるアプリの開発が進んでいて、大手消費者金融ではほぼすべての会社でスマホアプリを利用する事ができます。

消費者金融お金を借りるアプリ
プロミスプロミス公式アプリ
SMBCモビットSMBCモビット公式アプリ
アイフルアイフル公式アプリ
アコムアコムナビ
レイクALSAe-アルサ

当サイトでおすすめなのはプロミス、SMBCモビット、アイフルで簡単手続きでセキュリティも安心安全です。
アプリ上で完結できるので郵送物の送付もなく、誰にもバレずに利用する事ができます。

今すぐお金借りるときには、電話してから書類にサインして郵送というのが一般的でしたが、お金借りるアプリ開発のおかげで店舗窓口まで行かなくてもお金を借りる事ができ、アプリをダウンロードするだけで簡単に契約する事が可能です。

外出先でもそのままキャッシングを申し込む事ができますし、借入残高などもスグに確認できるので今すぐ借入したい方やお金の管理をアプリ上で行いたい方にとって非常に便利なアプリになっています。

プロミス公式アプリ

PROMISE プロミス のアプリローン

融資時間最短1時間
審査時間最短30分
金利4.5~17.8%
無利息期間30日間
アプリローン

プロミス公式運営のお金を借りるアプリ「アプリローン」は、お金を借りるまで全ての手続きがアプリで完結できます。

免許証などの本人確認書類はカメラで撮影して送信するだけなので、誰でも簡単に申し込めます。

土日祝日・24時間いつでもどこでも申し込みが可能で、初めてのご利用で30日間無利息でお金を借りる事ができます。もちろん30日以内に返済すれば利息は1円もかかりません。少額融資や短い期間での利用にもおすすめできるアプリローンです。

お金借りるアプリ編集部

アプリのQRコードでカードがなくても全国のATM(セブン銀行、ローソン)でお金を借りれるところも非常に手軽で良いですね。

>>プロミスの借入シミュレーションはこちら

SMBCモビット

SMBCモビット のアプリ

融資時間即日
審査時間最短30分
金利3.0~18.0%
無利息期間なし

SMBCモビット公式運営のアプリは、電話連絡なし、郵送物なしですので誰にもバレずにお金を借りる事ができます。周りに隠れてお金を借りるのに一番おすすめのアプリです。

申し込みから借入までもこのアプリ1つで全て完結出来ます。

>>SMBCモビットの10秒簡易審査はこちら

アイフル公式アプリ

アイフル公式アプリ

融資時間最短1時間
審査時間最短30分
金利15.0~18.0%
無利息期間最大30日間

アイフル公式運営アプリは24時間365日借入と返済ができます。スマホアプリを利用すると全国のセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMでカードの代わりになるのでとても便利ですね。

他にも利用残高や返済金額などもすぐに確認できて、増額申し込みなどすべての取引をアプリから利用できます。

お金借りるアプリ編集部

初めてアイフルを利用する方は、30日間無利息0円で利用できます!

>>アイフルの1秒診断はこちら

アコム「アコムナビ」

アコム「アコムナビ」のスマホアプリ

融資時間最短1時間
審査時間最短30分
金利3.0~18.0%
無利息期間最大30日間

アコム公式運営アプリの「アコムナビ」は、アプリで融資の申し込み、借入ローンのシュミレーションを計算する事ができます。

審査時間は最短30分と大手消費者金融の中でもトップクラスの早さですが、アプリを利用してATMでお金を引き出す事ができない為、プロミスやSMBCモビットのようなアプリの機能面としてはメリットはありません。

お金借りるアプリ編集部

急にお金が必要になって今すぐお金が必要な場合にはとても心強いので、公式サイトから申し込みましょう。

レイクALSA「e-アルサ」

レイクALSA「e-アルサ」のアプリローン

融資時間最短1時間
審査時間最短15秒
金利4.5~18.0%
無利息期間最大180日間

レイクALSA公式運営アプリの「e-アルサ」も借入申し込みから入金まで全ての手続きをアプリで完結できます。

指紋認証で会員ページにログインせずに残高や返済日、返済額などの情報を確認できますのでアプリとしての機能はとても優秀です。ストレスなしにお金の管理ができるのもいいですね。

アプリさえインストールしておけばセブン銀行ATMでカードなしでお金を借りる事ができますので、とても便利なアプリです。

どれがおすすめ?誰にもバレずにお金を借りるアプリベスト5

iPhoneとandroidでお金を借りるアプリをインストールする事ができますが、中には家族や職場の人にバレたくないという人もいると思います。

そこで、編集部が独自基準で誰にもバレずにお金を借りる事ができるおすすめのアプリをご紹介します。

大手消費者金融のお金借りるアプリはこちら

お金借りるアプリWEB完結郵送物融資スピード審査時間
プロミス最短60分最短30分
SMBCモビット最短60分最短30分
アイフル最短60分融資も可能最短30分
アコム最短60分最短30分
レイクALSA×最短60分融資も可能最短15秒
編集部による各消費者金融の調査結果
お金借りるアプリのおすすめ

大手消費者金融の中でもプロミス、SMBCモビット、アイフルのお金借りるアプリが一番おすすめです。

こちらの3社は申し込んでから約60分程度で入金確認ができましたし、電話連絡や郵送物なしにも対応している事からとても使いやすいアプリでした。

お金を借りるアプリを利用してみよう!

STEP
Webで申し込み

まずは、公式サイトで申し込みをします。

入力フォームは簡略化されていますので、名前などを入力するだけで簡単に終わります。

STEP
お金借りるアプリをインストール

Webで申し込み後、App Store、Google Playストアからインストールします。

STEP
アプリを起動して、公式サイトと連携

アプリのインストールが終わったら、公式サイトのログインIDとパスワードで簡単に連携できます。

連携が終わると、その場でキャッシングやお金の管理をする事ができます。

編集部も実際に利用してみると、上記の方法で約1時間でお金を借りる事ができました。

電話連絡や郵送物がないので誰にもバレずに入金されたので、非常に利便性が良いと感じています。

お金借りるアプリ編集部

お金借りるアプリを利用する事によって書類の撮影が簡単にできるので、この融資スピードが実現できているんですね。

お金を借りれる銀行のスマホアプリ

消費者金融だけではなく銀行のキャッシングもスマホアプリで対応しているものがありますが、基本的に銀行カードローンのアプリは、借入対応していない事の方が多いです。PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)等は対応しています。

公式WEBサイトでの申し込みを利用すれば来店不要でお金を借りる事ができますので、アプリで申し込みができない場合は公式WEBサイトを利用しましょう。

銀行の窓口でも申し込む事はできますが、受付時間で待たされることもありますのでWEB申し込を利用すると便利です。

楽天銀行

融資時間最短翌日
審査時間最短翌日
金利1.9〜14.5%

三井住友銀行

三井住友銀行のアプリ

融資時間最短翌日
審査時間最短翌日
金利4.0〜14.5%

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行のアプリ

融資時間最短翌日
審査時間最短翌日
金利1.8〜14.6%

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

融資時間最短翌日
審査時間最短60分(仮審査)
金利1.59~18.0%

スルガ銀行カードローン

融資時間最短翌日
審査時間最短翌日
金利3.9〜14.9%

セブン銀行カードローン

セブン銀行のアプリ

融資時間最短2営業日※
審査時間最短翌日
金利~15.0%

LINEポケットマネー

融資時間最短翌日
審査時間最短翌日
金利3.0~18.0%

PayPay

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)アプリ

融資時間最短翌日
審査時間最短翌日
金利1.59~18.0%

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)のアプリ

融資時間最短即日
審査時間最短即日
金利0.8~12.0%

お金を借りるアプリを利用する前に注意点を解説!無審査キャッシングローンは違法

スマホアプリストアにはたくさんのアプリが並んでいます。しかし、その多くは有名な会社だけではなく無名の会社でも出品できますし、審査さえ通れば個人でも簡単にストアにアプリを登録する事ができます。

今回はお金借りるアプリを前提にお話しさせていただきますが、キャッシングローン専用のスマホアプリは多数の違法業者も運営しているのが現状です。

無審査で即日融資ができる、審査が甘いから無職の主婦でも学生でもお金を借りれる等と広告をだしてる違法業者が多く、そういったお金借りるアプリは闇金の可能性が非常に高いです。

正規の消費者金融や銀行では、しっかり法律や貸金業法を守ってお金を貸してくれるので無審査でお金を貸してくれることはありませんし、安定した収入のない専業主婦や学生、無職にはお金は貸してくれません。

お金借りるアプリ編集部

利用者の返済能力を確認する(審査)は法律で義務付けられているので、無審査などの甘いキャッチコピーを見た場合は利用しないようにしましょう。

個人間融資掲示板は危険!闇金よりも怖い即日借入方法

こちらはお金を借りるアプリではなく、お金を借りるWEBサービスの注意点になります。

最近はSNSや掲示板でも個人間融資が活発に行われています。

個人間融資掲示板を初めて聞いた方もいるかもしれませんので、簡単に説明しますと、

「個人との間でお金の貸し借りをする融資掲示板サービス」の事です。

消費者金融や銀行からお金を借りる前には必ず審査や契約書の手続きがありますが、個人間のお金の貸し借りは面倒な手続きはなく、親や友達からお金を借りるのと一緒です。

お金に困ってるから親切に貸してくれる」だけですので全て自己責任になってしまいます。こういった個人間の貸し借りはトラブルや事件に巻き込まれる危険性が非常に高いので、絶対に利用するのはやめましょう。

スマホ携帯を担保にお金を借りる方法はNG

現在はスマホを持っていない人はいないくらい普及しています。

iPhoneやandroidも10数万円と高額になっており、それを担保にする事でお金を借りる方法が存在します。これは携帯電話不正利用防止法の違反になりますので絶対に手を出してはいけません。

法務省の公式ホームページにはこう記されています。

以下の行為を行った場合には、本法に従い罰せられることがありますので、ご注意ください。
・自己名義の携帯電話等(SIMカードも含む)を携帯電話事業者に無断で譲渡すること

引用元:携帯電話の犯罪利用の防止 法務省公式HP

ドコモやau、ソフトバンク、楽天などと契約中にスマホ(携帯電話含む)を担保にお金を借りてしまうと刑事罰になってしまい、50万円以下の罰金に該当する事になります。

もちろん携帯を解約してから本体を売りに出す事は全然問題ありませんし、消費者金融や銀行を頼りにする事ができずどうしてもお金を借りたい場合は、生命保険でお金を借りる事ができる「契約者貸付制度」などを利用すると良いでしょう。

この制度は審査なしで最短即日でお金を借りる事ができますし、生命保険を解約する必要がない為、初心者でも安心して利用する事ができます。

お金借りるアプリ編集部

気になる方は、自分が契約している保険会社を調べてみましょう。

お金は借りれないけど便利なスマホアプリ

お金を借りれるわけではありませんが、お金を稼いだり、後払いができる便利な機能のスマホアプリが人気ですので優良アプリを紹介していきます。

18歳や19歳など未成年でお金を借りたい場合はこういったアプリを利用すると借金にもなりませんし、少額のお金が必要な人におすすめです。

Paidy(ペイディー)

Paidy(ペイディー)-クレジットカードのように、分割払いアプリ

バンドルカード

バンドルカード-誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

atone

atone(アトネ)- カードがいらない翌月後払いのアプリ

CASH

CASH(キャッシュ)-不用品を一瞬で現金化できるアプリ

メルカリ

メルカリ(メルペイ)-不用品を出品してお金を稼ぐアプリ

Alice.style(アリススタイル)

Alice.style-物の貸し借りでお金を稼げるアプリ

お金を借りる時に審査が通らない場合

お金借りたいのに何度も審査が通らない場合はもしかしたらブラックリストに載っているかもしれません。

ブラックリストとは?

個人信用情報機関に事故情報が登録された状態のこと

ブラックリストに載ってしまうと掲載期間が終わるまでお金を借りる事はできません。ローンや、クレジットカードの発行もする事ができないのでかなり不便な状態に陥ります。

確実に掲載されるのは債務整理を行った場合です。

  • 任意整理:約5年
  • 個人再生:約5年~10年
  • 自己破産:約5年~10年

個人信用情報機関に最長10年間掲載されますので、債務整理を行う際はデメリットがある事を理解しておきましょう。支払いの延滞でもブラックリストに載ってしまいますので、自分が載っているか気になる方は個人信用情報機関に情報請求してみましょう。

信用情報機関開示手数料(税込)
CIC1,000円
JICC1,000円
KSC1,000円

債務整理をした事がないのに審査に通らない場合はなにが原因?

実は、クレジットカードやローンに申し込むだけでも個人信用情報機関に掲載されます。

申込情報保有期間

照会日より6ヶ月間

ですので何度も同時に申し込むと、他のクレジットカードやローンに申し込んだばかりだとすぐにわかってしまうんですね。もし、6か月以内にクレジットカードやローンに申し込んでいると重複とみなされて審査に通らない事が多いです。

6か月以内に申込もしていないし、債務整理もしていない場合

重複でもブラックリストでもないのに審査に落ちる場合は、総量規制か信用が原因かもしれません。

総量規制とは?

個人が借りることのできるお金の総額(年収の3分の1まで)に制限をつける規制のこと。

既に年収の3分の1までお金を借りているか、そもそも収入や在籍年数が足りない場合があります。信用としては期間工などの出稼ぎや水商売など不安定な仕事の場合にも審査が通らない事が多いです。

お金借りるアプリ編集部

大手消費者金融や銀行でお金を借りる場合は、安定した収入がないとお金を借りる事ができません。どうしてもお金が必要な時は、中小の消費者金融を頼ってみると力になってくれます。

最新記事

  • 本執筆内容は、本記事内で紹介している金融商品・金融サービス等を提供する会社・企業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容は、本記事内で紹介されている金融商品・金融サービス等のシステムやサポートについて弊社が何らかの保証をするものではございません。本記事内で紹介しております金融商品・金融サービスの詳しい情報につきましては、金融商品・金融サービスの提供元である会社・企業に直接ご確認いただきますようお願い致します。
  • 本執筆内容の詳細は作成した日時が最新の内容です。執筆以降に、本執筆内容で紹介している金融商品・金融サービスの内容が変更している場合がございます。
  • 本執筆内容の詳細は個人的な意見や主観を含むものであり、編集者やその他の会社・起業の主張を代弁するものではございません。
  • 本執筆内容で紹介している口コミや執筆内容は、提供された当時の内容であり、その金融商品・金融サービスのシステム・サポートについていかなる保証をするものでもございません。